エロスの種子ネタバレ。3巻が激ヤバ!9話”中指”は無料で読める♪

nakayubi

エロスの種子3巻の9話が面白い!
戦地で共に戦った男は死に、
帰国すると、美しい未亡人が待っていました・・・。

 

 

そんな未亡人(鈴子)のために、
戦友の”中指”を持ち帰ってきた男は、
なぜか彼女の感じる性感帯を知り尽くしています。

 

 

おっぱいと、中を2点攻めされ、
蜜がどんどん溢れて出てくる鈴子・・・。

 

 

さらに着物もはだけ、胸もあらわに
のけぞる姿がエロスです!

 

 

そして、漫画「エロスの種子」3巻の9話は
U-NEXTだと無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
目次〜コミック・書籍〜グランドジャンププレミアム7月号で検索。

 

 

エロスの種子の最新話はグランドジャンプめちゃです。
2019年1月からグランドジャンププレミアム→グランドジャンプめちゃへ
掲載変更されました。

 

「エロスの種子」3巻、9話【中指】のあらすじ

ネタバレ含みますので、注意して読んでください。

 

 

 

登場人物

 

 

鈴子・・・夫を戦地で亡くした未亡人。
     戦友の菅原が、夫の”中指”を持ち帰る。
     そして中指でイカされることに・・・。

 

 

菅原・・・戦地から生き延び、帰国。
     しかし、帰り着いた実家には居場所がない。
     戦友の中指を届けるため、鈴子に会う。

 

 

玉井・・・鈴子の夫。菅原の戦友。
     戦死。死ぬ間際、自分の中指を
     妻に届けるように、菅原に頼む。

 

 

 

菅原
「気持ちいいのは、ザラっとしたココだろう、
ほうら、つぎつぎと溢れてくるぞ」

 

 

中指でザラっとしたところをかき混ぜられて、
体をのけぞらせて何度もイク、鈴子です。

 

 

時代は、第二次世界大戦中。
日本は遠い島を占領していました。

 

 

しかし、たくさんの日本兵士も死んでいます。

 

 

その中で、玉井と菅原も、
敵から瀕死の状態で逃げていました。

 

 

そしてすでに、玉井は死にそうです。

 

 

「俺はもうダメだ痛みも感じない…」

 

 

そんな玉井は1つだけ、菅原にお願いをします。
それは、自分の中指を切り取って
日本で待っている妻に届けてほしいと言うことでした。

 

 

「俺はこの中指で鈴広たくさん気持ちよくさせてやったんだ
俺は約束した、体の1部だけになっても必ず帰ると…」

 

 

その言葉を残して玉井は戦死し、
菅原は彼の中指だけを切り取って帰国、

 

 

玉井の妻(鈴子)に会いに行きます。

 

 

玉井の妻、鈴子は美しい女でした。

 

 

菅原
「俺だけが、生き残ってしまった…」

 

 

ひたすら謝り続ける菅原を、
鈴子は優しく迎えいれてくれています。

 

 

 

鈴子
「お腹が空いているでしょう、今日は泊まってください、
なにぶん、ウチは農家ですから、食べるものだけはありますから」

 

 

遠慮しながらも、
菅原のお腹は”きゅぅぅ〜”と鳴ります。

 

 

こうして、菅原は一晩だけ、
玉井の家に泊まることに。

 

 

数年ぶりに、ゆっくりお風呂に入れる菅原です。
(本来ならば、このお風呂も
アイツが入ってゆっくりするはずだった…)

 

 

そんな、申し訳ない思いとは裏腹に、
魅力的で美しい鈴子に惹かれてしまう菅原、

 

 

さらに、エロいことも想像してしまうのでした・・・。

 

 

実は、いつも戦時中で、夫の玉井は
自分の妻、鈴子の自慢話をしていました。

 

 

美しい妻の鈴子、どこを触ってどこを舐めれば
気持ち良い顔をするのか、全て話してもらっていたので、
菅原は彼女の性感帯をすでに知っていました。

 

 

 

さらには、菅原の妻のほうは
菅原を待ってくれてはいなかったのです・・・。

 

 

死んだと思われていた菅原。
そして妻は、こともあろうに
菅原の弟とデキテしまっていたのでした。

 

 

弟は目が悪く戦争に行かなかったので
その間に、弟との子供を妊娠してしまっています。

 

 

 

帰国すると妻は、おなかを大きくしていて、
もう・・・帰る場所もなくなってしまっていたのです…。

 

 

帰る場所がないことは言わず、
黙って食事をいただく菅原。
戦友のことが忍びなくて、仕方がありません。

 

 

「申し訳ありません、奥さん、ご馳走になります…」

 

 

そして鈴子は、菅原に言います。

 

「奥さんとは呼ばないでください
どうか、お名前で…」

 

 

「鈴子さん…」

 

 

菅原は、悔しい思いをガマンしていると
目の前にいる鈴子にムラムラ来てしまいます。
性欲も溜まっているので、たまらずギュっと抱きしめてしまうのでした。

 

 

そして鈴子の着物の脱がせます。

 

ガマンが出来ない菅原です。

 

 

「何のために、戦ってきたと思っているんだ…!!」」

 

 

 

やるせない気持ちがいっぱいで、
鈴子をおそってしまいまうのでした。

 

 

鈴子
「な、何を…!」

 

 

でも、抗うことができない鈴子。

 

 

そして菅原は
あの時玉井に教えてもらったテクニックを
鈴子にしてあげます。
中指を、鈴子の大事な部分に挿れるのです。

 

 

「俺は知っているんだ・・・こうだろう、
この中指でざらざらしたところを・・・」

 

 

「鈴子さん、今だけ…俺を玉井だと思って…頼む!!」

 

 

鈴子
「そんな…」

 

 

そして、自分が感じるところを
中指でぐちゃぐちゃにされ
何回も果ててしまいます。

 

 

玉井から教えてもらったテクニック。
菅原は、何度もイかせて、
そしてセックスをするのでした。

 

 

鈴子のよがる姿が最高です!

 

 

それから、セックスが終わった後、
菅原は疲れて寝てしまいます。

 

 

そして、起きると、なんと菅原は縛られていました。

 

 

玉井の父親
「浮気野郎だ、ぶっ殺してやる
主のいない間に、人の女まで寝取りやがって!!」

 

 

菅原
「畜生…!女はみんな一緒だ
いつも裏切りやがって!!」

 

 

鈴子
「何を、被害者ヅラして…
あなたたち男が、女を抑えつけるから
女が生きるには、強くなるしかなかったのよ」

 

 

おどろくことに鈴子は、
玉井の父親に抱かれてしまっています。

 

 

さらに、夫のいない間に、
他の男から抱かれていた鈴子です。
その度に、父が独占したい理由で、男たちを殺していました。

 

 

鈴子、冷たい目で、菅原を見つめます。
いつもはこのパターンで、義父に男を殺させていたのです。

 

 

そして菅原は、殺されそうになりますが
ちょうど警察が来て、
玉井の父親は逮捕されてしまうのでした。

 

 

 

実は鈴子、警察を呼んでいたのです。
それは、夫が死んだことが分かってしまったから。

 

 

父親を利用し、ほかの男から守ってもらっていましたが、
その必要もなくなり、
鈴子は一人でどこかへ行ってしまいます。

 

 

鈴子
「自業自得よ」

 

 

菅原
「確かに…そうかもしれないな」

 

 

そのまま姿を消した鈴子、
そして一方、菅原も、実家にはもう戻ることもできず、
強く1人で生きていくのでした。

 

 

以上、エロスの種子3巻、最新9話のあらすじとネタバレでした!

 

 

「エロスの種子」最新9話(中指)の感想

 

見どころは、何といっても鈴子の裸体。
それに、戦時中の悲しいストーリーと
きれいな絵がすばらしかったです!

 

 

なかでも、どうして8話の昭島カオルが
女性に興味がない男になったのかも分かります。

 

 

みんな、それぞれ悲しいストーリーを抱えているのですね・・・

 

以上、エロスの種子9話のあらすじ・ネタバレでした。

 

読んでくださってありがとうございました。

 

全話のあらすじを読みたい方はコチラ
↓↓↓
www.eros-tane.com

 

 


ページの先頭へ戻る