【エロスの種子】ネタバレ10話。ドM女が衝撃!「罪と罰」のあらすじ。

erosunotane

「エロスの種子」最新10話〜罪と罰〜が面白いです!

 

 

今回はSM小説家(女性)がエッチするシーンが見どころ。
SM小説家にも、戦時中、人には言えない過去がありました・・・

 

 

そして、自慰行為によってエロスが目覚めた順子。
今回はエロスの種子を芽生えさせてくれた
昭島薫の顧問弁護士になっています。

 

 

戦時中、人を亡くしたのは自分のせいだと、
後悔しながら生きて来た2人の出会いが美しい!

 

 

そんな2人が結ばれるシーンが
とてもエロくて、だけど涙が出るほど感動します。

 

 

さすが、もんでんあきこのエロスの種子。
感動させながらもエロスな描写が綺麗で、
読みごたえがあるのでオススメです。

 

 

エロスの種子10話が掲載されたグランドジャンプPREMIUMは、
FODで無料で読めます。
↓↓↓
FODプレミアム(1ヵ月間無料)

 

 

「エロスの種子」最新10話〜罪と罰〜のあらすじ・ネタバレ

ネタバレ含みますので、注意して読んでください。

 

 

登場人物

 

 

昭島薫…日本画家、46歳。
    女性を殺した罪で、警察に拘留中。
    戦時中は10歳の少年だった。

 

 

椎名順子…昭島の国選弁護人。
     女子大生のころ、彼の絵のモデルになり、
     裸で縄で縛られ、エロスの種が芽生える。

 

 

真壁忍…SM小説の作家、女性。
    女性が激しく凌辱されるシーンが得意。
    今回、昭島と寝たあと、死んでいる。
    戦時中は5歳の少女だった。

 

 

 

時は昭和56年、薫は人を殺した罪として、
拘置所に拘留されていた。

 

 

そこに、国選弁護人として現れたのが、
美人で、かつての絵のモデルだった順子だった。

 

 

裸で、縄に縛られて絵のモデルをやったころとは違い、
とても端正で凛とした格好、
彼女は、立派な女性弁護士になっていた。

 

 

「君は・・・」

 

 

「国選弁護人の、椎名順子です」

 

 

順子は、実は自分で志願して、昭島薫の弁護人になっていた、
どうしてもあの昭島が人を殺したなどと思えなかったからだ。

 

 

そして、殺した女性はSM小説家。
彼はSMされる女性をモデルに描く日本画家。
真相を知りたいと思ったのもあった。

 

 

昭島と拘置所で話す二人、
彼は淡々と、自分の生い立ちから話始めます。

 

 

 

「この事件の真相を知っていただくには、
僕の生い立ちから知っていただかないとなりません、
長くなりますよ・・・」

 

 

順子
「かまいません、どうぞ・・・」

 

 

メガネをかけた順子、凛としているけれどかわいいです。

 

 

昭島は、10歳のころ、女性を殺害したことを白状します。
それは、8話、「落雁」のストーリーで出てきた
千代(チヨ)という女性。

 

 

昭島の父は元憲兵。
それだけで、政府から死刑にされていました。

 

 

戦時中、ボスが囲っていた女(チヨ)の魅力に
1回だけ狂い、彼女を抱いています。

 

 

真面目な父は、それを母に白状しました。
すると母は逆上し、それを見ていた昭島(少年時代)は
父と浮気した千代を憎むようになってしまったのです。

 

 

時代は戦時中。10歳の昭島は、
毎日小学校で竹やりで”鬼畜米兵”と
敵を憎むことを教えられてきました。

 

 

母を苦しめたのは千代だと、
チヨを憎んで、竹やりで殺してしまった
少年時代の昭島でした。

 

 

「その時から、すでに私は人殺しなんですよ・・・」

 

 

でも、千代を刺した時、
最後に見せてくれた笑顔、
そして美味しいお菓子(落雁)を与えてくれていたのは、実は千代でした。

 

 

(あの笑顔のどこが悪だったんだろう・・・)

 

 

それから母も、死刑になった父を追うように自殺。
1人残された昭島薫は、祖父が日本画家だったので、
そこに引き取られることに。

 

 

それから、お金には困らなかったものの、
16歳のとき、祖父が死んだとき、
初めて屋根裏で女性の裸の絵を見ます。

 

 

すべて、SMのように縛られた絵ばっかり、
青年時代の昭島は、それを見て射精してしまうのでした。

 

 

女性のエロスな裸をみて、
なぜ父が母以外の女を抱いたのか、
理由がわかった気がしたのです。

 

 

女性の身体そのものがエロスの仕業なんだと・・・。

 

 

彼はそれ(16歳)以来、
自分に罰を科すため、生身の女を抱くことを禁じます。

 

 

こうして、彼は女性の裸だけを描いて、
本物の女性は抱かず、絵だけをみて自慰行為にふけるのです。

 

 

「キミはとてもいいモデルだった、
僕は、何度キミの絵で抜いたことか・・・」

 

 

「やめてください・・・!」

 

 

顔が赤くなる順子、
話題を本題に戻すように言います。

 

 

すると、今回死んでしまった、真壁忍という女性の話に。
彼女はSM小説家で、今回、昭島と一緒にいたところ、死んでいます。

 

 

SM女性小説家の真鍋は、
激しく責められる女性を描くのが得意。

 

 

これでもかというくらい、女性を痛めつけられ、
そしてそのおかげで快楽を得られる女性を描くのです。

 

 

そんな彼女も実は、
戦時中に苦い思い出が残る少女でした。

 

 

実は真壁は幼いころ、
自分のわがままのせいで海に姉を誘っています。

 

 

すると、二人で海で遊んでいたころ、
空からアメリカ軍の戦闘機が。
姉だけ、マシンガンで射殺されてしまったのです。

 

 

姉が死んでしまったのは自分のわがままのせいだと・・・。
大人になっても自分を責め続けるのでした。

 

 

そんな真壁という女性と昭島は
SM雑誌の編集者を通じて出会います。

 

 

女性なのに、激しく痛めつけられる女性のストーリーを
書き続ける真壁、そして昭島が描く絵は、
女を縛っていても、どこか優しく見える・・・。

 

 

「ベッドでも優しいの?」

 

 

「何とも言えません、僕は童貞ですから」

 

 

そんな二人は意気投合し、やがて惹かれあいます。

 

 

夜の神社のそばでキスをする2人、
真壁は昭島を自分の部屋へ誘います。

 

 

「今夜、ウチに来ない?」

 

 

しかし、昭島は誘いを拒むのです。
それは自分自身にあてがった戒め。
「自分が人殺しだ」といいます。

 

 

「戦争のどさくさで罪に問われることはないが、
僕は一生女を抱かない。これが僕の罰なんだ・・・」

 

 

父と浮気した美しい女性、千代を殺した昭島。
10歳からずっと、その罪を背負って生きています。

 

 

すると真壁は自分も同じ境遇だといいます。

 

 

「あたしもおなじ、ずっと罰せられたいとおもって
今まで生きてきたの」

 

 

姉が自分のせいで死んでしまったと、
ずっと自分を責め続けていた真壁です。

 

 

そしてそのまま、真壁のアパートへ行き、
昭島は真壁を抱きます。

 

 

昭島と真壁は激しく抱き合ってしまいますが、
気持ちよくなると、真壁は罪悪感を感じてしまいます。

 

 

「待って、薫さん、あたし、気持ちよくなっちゃう・・・!!」

 

 

ネタバレですが、昭島と真壁が交わるシーンが
エロスの種子の最新10話の一番の見どころですw

 

 

真壁が足を挟み込むように
昭島を受け入れる絵がキレイで最高w

 

 

こうして、二人はエッチするのですが、
顔を赤くして弁護士の順子は、
なぜ真壁を殺したのか聞きます。

 

 

 

「そんな大事な相手を、なぜあなたは殺してしまったのですか!?」

 

 

「彼女が、死にたがっていたから・・・」

 

 

実は、真壁は、昭島に抱いてもらった朝、
自殺未遂をしていました。

 

 

なぜかというと、昭島と気持ちのいいことをしてしまい、
罪悪感が増幅してしまったからです。

 

 

彼女は薬を飲み、死のうとしていました。
けれど、勝手に吐いてしまい、死にきれないところを
昭島に「殺してくれ」と懇願していたのです。

 

 

同じ境遇の昭島は、真壁の心の痛さを
痛いほどわかってあげられました。
だから、そのまま首を絞めて、彼女を逝かせてしまいます。

 

 

 

「ああ、また僕の腕で命が消えていく・・・」

 

 

反省している昭島、
自分自身、「死刑になってもいい」といいます。

 

 

順子
「死刑になんかなりません、私がさせません」

 

 

実は、遺書が自宅から見つかっていました、
そして飲んだ薬も致死量でした。
ただ、吐いたために真壁は死にきれなかった・・・。

 

 

順子は、昭島に言います。
「自殺ほう助の罪にはなるが、執行猶予がつく・・・と。」

 

 

昭島
「えー・・・・」

 

 

その後、法廷で裁判が下され、
昭島は執行猶予つきの有罪、
つまり、刑務所には入らず、出所することになります。

 

 

それに10歳で女性を殺害したといいましたが、
10歳の少年は刑事罰に問われず、無罪でした。

 

 

順子
「だから、前を向いて生きてください」

 

 

昭島は涙ぐんでしまいます。
今までの罪が現れたようで、順子に感謝するのでした。

 

 

「昭島さん・・・」

 

 

生身の女を抱かないとの呪縛から解き放たれた昭島、
今でも昭島のことが忘れられない順子

 

 

エロスの種子の11話では二人は抱き合うかもしれませんね。

 

 

以上、「エロスの種子」10話のネタバレでした。

 

 

《最新11話「縄の行方」のネタバレはこちらから》


ページの先頭へ戻る