【なんでここに先生が!?】ネタバレ。2巻が激ヤバ! 16話「注乳」は無料で読める♪

パロディなエロ漫画「なんでここに先生が!?」が面白い!
普段あまりこのような漫画を読まない方でも、
絵の上手な松風先生の画像は見てみる価値があります。

 

 

やっぱり胸がボロンと出るよりも、
覗いて見える胸の谷間から
ちょっと先端が見えてるくらいがちょうど良いですよね♪

 

 

実は「なんでここに先生が!?」は
U-NEXTだと無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>

 

 

さらにFODだと2冊分が無料です
↓↓↓
FODプレミアム(1ヶ月間無料)

 

 

なんでここに先生が!? 2巻の見どころ・ネタバレ

 

 

登場人物

 

 

児嶋先生…巨乳だけどちょっと強気で
     不良も黙る”鬼の児嶋”
     (ドSな先生)

 

松風先生…とてもやさしくて面倒見がいい。
     だけど巨乳、エロスな体つきw
     (ドМな先生)

 

佐藤先輩…児嶋先生とトイレで出くわし
     Hな秘密を共有、
     付き合うことになった。

 

 

鈴木…松風先生と毎回イイ感じに。
   見た目不良だけど、繊細で真面目w

 

 

 

11話 聖母イン 見どころ・ネタバレ

 

 

鈴木は落ち込んでいます・・・
それはなぜかというと、あの巨乳で美人な児嶋先生が
佐藤先輩と付き合うことになったからです。

 

 

今まで弁当一緒に食べていたのに、
佐藤先輩、冷たくなって、校庭の隅で落ち込んでいます・・・

 

 

そんなところにやってきた松風先生
”なんでここに先生が!?”誰もいない校庭の片隅で
松風先生と鈴木は2人っきりです。

 

 

お弁当を食べさせていると、
松風先生、近くにあった池に落ちてしまいます。
あわてて服を握る鈴木君。

 

 

しかし、上着だけで、パンティ1枚で
”ドボン”と松風先生、ずぶ濡れです・・・。

 

 

力ずくで、両膝を持ち上げて救い上げる鈴木君、
上から肩越しに、松風先生の胸の谷間がばっちりです。
そして、濡れてるのでブラジャーが下がって、先端まで見えています。

 

 

「いやらしい目で・・・見ちゃうよこれは!!」

 

 

下が元気になっちゃう鈴木君。
腰を引いたとき、後ろのスプリンクラーのスイッチが入ります。

 

 

すると、スプリンクラーの噴水が先生のちょうど股の所に!
激しい水圧が先生の大事なところを直撃!!

 

 

「んあっ!!?」

 

 

パンツも脱げて、下から水が当たっているシーンがヤバいですw
濡れちゃったので、鈴木君は自分の上着を貸してあげます。

 

 

教員の部屋で鈴木君の上着を着ている松風先生。
鬼の児嶋、児嶋先生があやしんでしますw

 

 

 

12話 「まん〇ん電車」ネタバレ・見どころ

 

 

鈴木君は、いつもの毎日、電車で通勤です。
それも満員電車、ギューギュー詰めなのに、
なぜか松風先生が隣にやってきました。

 

 

「なんでここに先生が!?」

 

 

実は、貸してあげた上着に定期券が入っていた鈴木君、
松風先生、あわてて返しに来てくれたのです。

 

 

そのあと、めっちゃ満員電車で2人は密着。
電車が揺れたとき、抱きついてきます。
すると服が挟まっていた先生、脱げてしまいました。

 

 

鈴木君に、抱きついている松風先生、
さらに上着のボタンが外れ、おっぱい丸出しです。

 

 

「っというか下着は・・・?」

 

 

「それが、着替えてる途中急いできたので、忘れて・・・」

 

 

胸が丸見えの松風先生、鈴木君、覆うように隠しますが、
電車が揺れて、さらにガラスにおっぱいがベッタリ!!

 

 

そんな先生に、後ろから上着を着せてあげます・・・
最後のボタンが止まりません・・・

 

 

「す、鈴木君・・・!?」

 

「クソ、なんでこのボタン、つかないんだー!」

 

「それ・・・ボタンじゃない・・・」

 

松風先生のピンクの先端を、つまんで
一生懸命こすっている鈴木君でしたw
そんなシーンがめっちゃエロいですw

 

 

「次の駅はミゾター、ミゾター」

 

ギリで上着を着せてあげることに間に合いましたw

 

 

駅員がくると、チカンに間違われる鈴木君、
先生は、「恋人同士ですけど・・・」と言いいます。

 

 

 

「なんでここに先生が!?」13話「回楽転」のネタバレ・見どころ

 

 

13話では、全員で校外清掃です。

 

 

鈴木君、一人で行動していると、
そこで松風先生に出くわしています。

 

 

誰も来そうにない、ちょっとした崖の下に、
たくさんの自転車や冷蔵庫が放置してありました。

 

 

それを2人で上に持っていこうとすると、
自転車のハンドルが引っかかって、
先生のズボンがパンツごとずり落ちてしまいます。

 

 

先生の下半身丸見えですw
あわててズボンをはこうとすると、バランス崩して
鈴木君の顔めがけて落ちてきてしまいました。

 

 

直にオシリが鈴木くんの鼻に・・・w
鈴木君は崖の下から、そのまま押し上げて先生を
崖の上にあげてあげようとしてあげます。

 

 

「早く、なんとかしないと・・・!このまま誰かきたら・・・」

 

 

でも、さらにバランス崩してしまう鈴木君、
その拍子、自転車の車輪が先生の大事なところに・・・!

 

 

「ガッシャーン、シャァァァァ!!」

 

 

車輪が回ると、近くにあった草が、
先生の大事な所を直にヒットします!
回り続ける草が、先生の下半身に当たり続けています。

 

 

「先生、大丈夫ですか!」

 

 

崖の上からは、顔だけが見える先生、
下半身は草むらに隠れていて分かりません。
その下に、鈴木君と、回っている車輪がw

 

 

引き上げようとする生徒たち、
そのタイミングでパンツをはかせる鈴木君・・・。

 

 

「よいしょー!!」

 

 

そのタイミングでさらに強く、草が松風先生の大事なところに
ペチペチ当たり続けましたw

 

 

やばい・・・もうこれしか・・・!

 

 

冷蔵庫を持ち上げ、スゴイ顔の鈴木君。
怖くなった生徒、全員逃げていきましたw。

 

 

「なんでここに先生が!?」14話 見どころ

 

 

14話では校外清掃のつづき、
こんどは児嶋先生と佐藤先輩がヤバいです。

 

 

2人で校外の端っこの土管を掃除することに。
人一人が入ってくるスペースに
心配になった児嶋先生も入ってきて、抜け出せませんw

 

 

さらに児嶋先生、服がずれて、
おっぱいが丸出しで佐藤先輩に引っ付いています。

 

 

そしてスマホのバイブが鳴ります。
そのバイブスマホ、ちょうど、児嶋先生の股の所に当たってます・・・。

 

 

さらに上に上ってくる先生、
ワキがちょうど佐藤先輩の鼻のところに!

 

 

「わっ!ワキ・・・!」

 

 

「バカモノ!そんな所嗅ぐな!息を止めろ!!」

 

 

そんなシーンが面白いですw。
さらに、スマホが鳴り続けて児嶋先生は
感じてしまってピンチです。

 

 

「電話・・・ダメぇ・・・」

 

 

胸がはだけてワキ汗かいてるシーンがエロいです。

 

 

 

なんでここに先生が!?15話の見どころをネタバレ

 

 

15話では、ファーストフード店で
ラッキーセットを買う鈴木君。
その中にはオモチャが入っています。

 

 

鈴木君は優しいので、おもちゃを近くの子供にあげます。
だけど、金魚のおもちゃ、尾びれが動くだけで
子供は、イラナイって言いました。

 

 

そこに一緒に居た松風先生。
「私のパンダと交換する?」

 

 

子供はうれしがって、金魚を投げちゃいます。
すると、胸の谷間に金魚のおもちゃが・・・。

 

 

胸に入ると、スイッチが入って、尾びれがバタバタ!!

 

 

「ペチペチペチペチ!!」

 

服の中で、胸の先端をはじいて、
感じちゃう松風先生ですw

 

 

そしてさらに、向こうからトラックがやってきます。
雨なので、トラックの水しぶきが当たらないよう、
松風先生をしゃがませて、守ってあげる鈴木君です。

 

 

すると、傘の柄がちょうど
松風先生の大事なところにくい込みます。

 

 

「グィっ」

 

 

さらに風が強くて、傘が引っ張られ、
曲がったところの柄が、松風先生にさらにくい込み・・・。
胸は金魚がペチペチペチペチw

 

 

下半身が、大洪水になっちゃう松風先生でした。
雨なので、ズボンから滴がしたたり落ちていますが、
バレずに済みましたw。

 

 

「なんでここに先生が!?」16話(注乳) 見どころ・ネタバレ

 

 

16話では、屋内プールで遊ぶ先生と鈴木君です。
松風先生、泳げないので浮き輪です。

 

 

だけど、すっぽりいっちゃって、
勢い余って水着まで脱げちゃいました。

 

 

「見ちゃだめー!!」

 

だけど溺れちゃう松風先生。
鈴木君、目をつぶって、松風先生をプールの底から引っ張ります。

 

 

目をつぶって、先生の胸の先端を咥える鈴木君です。
こうして、胸を引っ張ることで、
松風先生をプールの底から助けています。

 

なんでここに先生が!?は
FODだと2冊分が無料です。
↓↓↓
FODプレミアム(1ヶ月間無料)


ページの先頭へ戻る