「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす」ネタバレ2巻。10年ぶりの元カレにドキドキ!

(上の画像クリックで無料試し読みできます)

 

「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす」が面白い!
最終回はまだですが、
10年ぶりに再会した元カレにキュンキュンしちゃいます!

 

 

やっぱり、大好きだった元カレが偶然現れると、
結婚していてもグラっと来ちゃいますよね。

 

 

そんな元カレ、イタリアンレストランを経営していて、
撮影のために作ったピザが激ウマ!

 

 

サヤカ、がっついてるシーンがかわいいです。

 

 

「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす」は2巻が最新、
U-NEXTだと無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>

 

 

さらには、FODだと2冊分が無料です。
↓↓↓
FODプレミアム(1ヶ月間無料)

 

 

「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす」2巻のネタバレ

 

 

登場人物

 

 

秋山慶一・・・爽の元カレ。
       仕事で訪れたレストランで
       10年ぶりに偶然出会う。

 

 

爽(サヤカ)…35歳、夫と二人ぐらし、子供なし。
     セックスレス。親友の瑠衣(ルイ)に
     夫をネトラレ、浮気されている

 

 

一真・・・爽の夫。
     優しいが、実はルイと体を重ね、  
     浮気している。疑われている。

 

 

瑠衣・・・爽の親友。独身。
     しかし影では爽の夫と不倫。
     夫の一真を寝取り、セックスしている。
     サヤカにばれていない。

 

 

撮影のために偶然入ったイタリアンレストラン。
経営していたのは10年前付き合っていた元カレ、
秋山慶一でした。

 

 

「おまえ・・・老けたな・・・」

 

 

付き合っていた高校の頃は
食堂の息子だった慶一、
親父が死んだ今、イタリアンレストランに改装しています。

 

 

でも、仕事を頑張っているサヤカを認めてあげる慶一、
スタッフが帰って、2人きりになります。

 

 

「ちょっとまって!そのピザ・・・
私、朝から何も食べてないの・・・」

 

 

サヤカ、彼の作ったピザを食べて、びっくりです。

 

 

「・・・ウソでしょ、美味しい・・・!」

 

 

少し二人で話します、
彼もすでにに結婚しているのでした。

 

 

サヤカがトイレに行っている間、
スタッフが帰ってきます。そのスタッフ、
サヤカとここに来る前、牛丼を食ったことをばらします。

 

 

牛丼食べてるのに、ウソついて
元カレの作ったピザを食べたかったサヤカでした。

 

 

トイレから出てきたサヤカ、
元カレに笑われます。

 

 

「ぶはっ、じゃあ、またな」

 

 

そんな笑顔に、心臓がドキっとしたサヤカ。
久しぶりに会った慶一が気になり始めました。

 

 

その夜は、いつのもバーでみんなで飲んでいます。
そこにはルイもいます。

 

 

そして、話題はサヤカの元カレの話です。
ニコニコしていますが、ルイ、面白くないのです。

 

 

だけど表面上は楽しそうに話すルイ。

 

 

「やっぱり、ときめいたりしちゃいました?」

 

 

「あーあ、何かサヤカさんの話聞いてたら
彼氏に会いたくなってきちゃった、お会計ー」

 

 

ルイはそう言って帰ります、
そして、そのあとサヤカの夫、一真にメールするのでした。

 

 

しかし一真、今日はルイの誘いを断ります。
イラつく、ルイです。

 

 

「ごめん、今日は来れない」

 

 

代わりに、サヤカにケーキを買って祝ってあげます。
”出会った日の記念日”として
サヤカにやさしくしてあげる一真でした。

 

 

サヤカ、一瞬、一真を疑っていたことを後悔します。

 

 

しかし、翌日はルイの部屋で不倫する一真です。
そして、ルイはいつにもなくワガママです。

 

 

「・・・・帰っちゃうの?もうちょっと一緒に・・・」

 

 

ルイの部屋で一真は逢瀬を重ねます。
いつもより激しくて、ルイは一真のことを
”好き・・・”と連呼するのでした。

 

 

「私の方が・・・好き・・・」

 

 

一真をサヤカから奪いたいルイです。

 

 

一方、サヤカに元カレから電話がかかってきます。

 

 

「お前さー、これから店に来れる?」

 

 

それはマフラーを忘れたから、
元カレのもとに行くと、いつものように
ぶっきらぼうな対応です。

 

 

「だから・・・お前って呼ばないでよ」

 

 

サヤカは昔付き合っていたころを思い出して、
涙があふれてきます。

 

 

ギルティ 7話 あらすじ・ネタバレ

 

 

7話は、サヤカの夫とルイの出会ったキッカケ。
それは雨の日、ルイが男ともめていました。
そこを偶然通りかかった、一真です。

 

 

ルイはその時、ケイタイを落とし、去っていきました。
声をかけられず、そのケイタイを拾って、
一真は翌日会社に出勤します。

 

 

すると、ルイのケイタイが鳴ります。
それをきっかけに2人は飲みに行くのです。

 

 

「昨日のは、彼氏?」

 

 

「ええ・・まぁ・・昨日、終わっちゃいましたけど」

 

 

その後、ルイは一真を誘い、
二人はホテルでセックスするのでした。

 

 

もちろん、一真はルイが、
サヤカの親友であることは知りません。
この出会いも、彼女が仕掛けたものでした。

 

 

時は戻り、元カレのもとに会いに行くサヤカ。
そこには、10年前と同じ雰囲気の慶一でした。

 

 

「・・・おまえ、飯食った?」

 

 

実は、新メニューを食わせたかった元カレです。
10年前も、親父が食堂をしていたころ、
新メニューを高校生時代のサヤカに味見させていたのです。

 

 

とにかく彼女の味の評価は的確でした。

 

 

 

その後、サヤカは真面目なので
元カレのレストランを後にします。
少し飲みたいと思ったサヤカ、ルイに電話します。

 

 

その時、ちょうどルイと、サヤカの夫一真は浮気中、
ルイの部屋でエッチをした後です。

 

 

「今から・・・来る?」

 

 

サヤカを誘うルイ、そしてサヤカはルイの部屋に行きます。

 

 

「お客さんが来るから、今日は帰って」

 

 

「そうか、じゃあ、帰るよ、男?」

 

 

そう言って、サッサと帰る一真でした。
全くルイの男関係に、興味はなさそうでした。

 

 

「・・・気にならないんなら、聞くんじゃねーよ」

 

 

一真が去った後のルイの顔がコワいですw

 

 

その後、一真が去った後、
サヤカはルイの部屋に来ます。

 

 

ルイが近くを通り過ぎる度、匂いが気になります。
それは、気が付かないけれど、身近な匂い。
(一真のかすかな匂い、まだ気づきません)

 

 

ギルティ 8話 あらすじ・ネタバレ

 

 

サヤカはいつものバーでいろいろ考えます。
ルイと別れた後、どうしても気になるのです。
やっぱり、二人は不倫しているのではないかと・・・。

 

 

ルイとサヤカの出会いはこのバーです。
1年前、偶然カウンターでの隣同士、
意気投合、とても仲良くなったのです。

 

 

その後、ルイはサヤカの夫と
偶然の出会いを装い、浮気しています。

 

 

翌日から、サヤカは2人のことが気になって、
仕事に集中できません、
今日は、撮影の資料をレストランに持っていきます。

 

 

すると、レストランの経営者、元カレは
ここぞとばかりに新メニューを食わせます。
昔と変わらない話し方です。

 

 

慶一(元カレ)は、
気を使ってばかりのサヤカにアドバイスします。

 

 

「窮屈だろ、思った通りに行動すりゃいいんだよ」

 

 

ルイを疑っているサヤカ。
帰り道にルイにメールします。

 

 

”ルイちゃん、今から会えないかな、家に行っていい?”

 

 

”いいですよ〜、22時とかでもいいですか?”

 

 

そのころ、ルイの部屋には一真が居ました。
いつものように、浮気をしているのです。

 

 

いつもは、22時に行くサヤカ・・・
でも、元カレのアドバイスからか、
ルイを疑っているサヤカ、21時半に行きます。

 

 

すると・・・ルイの部屋から出てくる一真が・・・。
夫とルイは、玄関先でキスをしていました。

 

 

それを見て、隠れて泣いてしまうサヤカでした。

 

 

もう、とてもルイのことが許せません。
すべてが繋がっていきます・・・。
GPSを仕掛けていたのもルイだったってことも。

 

 

ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす 9話 あらすじ・ネタバレ

 

 

次の日からショックで、
若菜という友達のところに泊まるサヤカ。
夫にはメールをしておきます。

 

 

泣いて、泣き崩れてどうしようもないサヤカ。
離婚してる友達の若菜は、
証拠だけはたくさんとっておくようにとアドバイス。

 

 

そんな時に、サヤカは元カレの慶一が
気になっていることを言います。

 

 

だけど一線だけは超えちゃいけないと思っているサヤカ。
しかし、心は元カレのことを求めてしまうのでした。

 

 

その夜、自宅に帰ろうとするサヤカです。
すると背後から、ルイが。

 

 

「どうしたんですか?こんな時間に。
会社、お休みなんですか?」

 

 

振り向くことが出来ないほど怒りがこみ上げるサヤカ。
そして、プッツン切れてしまいます。

 

 

「よく・・・そんな顔できんね・・・」

 

 

すべてをぶつけるサヤカです。

 

 

「私、ダンナと別れるつもりないから、
二度と、この辺うろつかないで」

 

 

去ろうとするサヤカ。

 

 

するとルイは笑い始めました・・・。

 

 

「サヤカさーん、そんなんだから旦那が外に女つくるんですよ♪」

 

 

二人の会話のバトルが凄いですw

 

 

サヤカは悔しくて、ルイの肩にしがみつきます。
だけど、それ以上は何もできず、
ただ、泣いてしまうのでした。

 

 

ルイは上目ずかいで彼女に言います。

 

「サヤカさん、教えてくださいよ、
心の浮気と、体の浮気、どっちが罪なんですか?」

 

 

元カレのことも調べ上げられていたサヤカ。
彼女に口で勝つことが出来ませんでした。

 

 

「ギルティ〜鳴かぬ蛍が身を焦がす」2巻のネタバレでした。

 

 

さらに、2巻は最後の番外編が面白いです!
番外編は、サヤカと元カレの付き合っていたころの話。

 

 

そして、”鳴かぬ蛍が身を焦がす”の意味も分かります。
文学的な方はご存知かと思いますが、
私はこの意味を知って、ちょっと感動しちゃいました。

 

 

2巻はU-NEXTやFODだと無料で読めます。

 

 

まさしく、蛍は元カレの慶一でした。
番外編が、一番読み入るかもしれませんよ♪


ページの先頭へ戻る