自己顕示欲が強すぎるサヤの最後、結末をネタバレ!

ゴミ屋敷とトイプードルと私#(港区会)が面白い!
3話以降はドンドン墜ちていくサヤ、
4話では、部屋がカップラーメンの山になってますw

 

 

25歳OLのサヤ、
裏アカで枕営業が暴露されちゃいましたw

 

 

実は作ったのは1作目ヒロインの明日香!
SNSのフォロワー増えるけど、奈落の底ですw

 

 

そして最新4話では、サヤ、
元カレを派遣社員に奪われます。
サヤの生い立ちがちょっと悲しいです。

 

 

実はFOD(フジテレビオンデマンド)だと無料で読めます。
↓↓↓
FODプレミアム(1ヶ月間無料)

 

 

『ゴミ屋敷とトイプードルと私♯』は
1話50円なので読みやすいのもいいところ。

 

 

以下、1話〜最新4話までのあらすじです。
ネタバレ含みますので注意して読んでください。

 

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私♯ 1話・2話ネタバレ

 

 

港区会にはたくさんの著名人や
テレビで見たことのある社長が。

 

 

その中でもひときわ目立つ、
年商5000億の社長(ゾゾシティー)の児玉さんがいました。

 

 

サヤはその社長に口説かれます。

 

 

「港区のマンションを紹介してあげようか?」

 

 

「家賃を安くすることができるんだよ、なんなら君次第でタダでも…」

 

 

いわゆる「パパ活」です。

 

 

パーティーに誘われた女の子たちは
みんなやってる(オジサンと寝る)といます。

 

 

「じゃないと港区に住めないじゃない?」

 

 

詩織は、パーリーウインストンのピアスを持っていました
もちろん、パパからのプレゼントです

 

 

(みんなパパがいるんだな…)

 

 

美人のサヤはまた今日もパーティーに誘われます
仕事が残ってるけど、
派遣の中山さんに仕事を押し付けます。

 

 

「悪いんだけどこれお願いできないかな♪」

 

 

「はい、了解です」

 

 

笑顔で引き受けてくれる優しい中山さん。

 

 

そしてパーティーに参加し、
キラキラしたくてSNSに載せるため、
おじさんたちをうまく外してかわいい写真を撮りまくっています

 

 

さらにリムジンをバックに女の子4人、
バブリーな写真です。

 

 

次の日は、ナイトプールや高級ホテルでの写真

 

 

サヤのインスタグラムは
どんどんと豪華になっていくのでした。

 

 

調子に乗っていくサヤ、
そのうち、大切な婚約者との
結婚式の打ち合わせをドタキャンしてしまいます。

 

 

婚約者(コウ君)はイケメンで優秀、
しかし徐々に愛想つかされ始めます・・・。

 

 

「俺だって忙しいんだ!もういい!」

 

 

だけど、サヤは25歳、まだ若くて美しく、
金持ち社長たちからチヤホヤされる日々。

 

 

今日のパーティーでは、
児玉社長からとても高価な
バリー&ウィンストンの指輪をプレゼントです。

 

 

(高級ホテルのディナーでサヤは誘われるのでした)

 

 

「今夜、上の部屋とってあるから♪」

 

 

詩織
(みんな、やってる事よ)

 

 

こうしてサヤは児玉社長とエッチしてしまいます。

 

 

サヤは感じるフリをしています

 

 

「いっちゃう〜」

 

 

そしてバックから入れられてるときに、

 

 

「港区のマンション、約束よ」

 

社長におねだりしちゃうのでした。

 

 

その頃、ハケンの中山さんは真面目です。
サヤから押し付けられた仕事、何も言わずやってます。
男性社員たちからベタ褒めです。

 

 

「中山さんのお弁当とても美味しそう!」

 

 

だけど、サヤやパーティーに参加する女子社員たちからは
総スカン食らってますw

 

 

「男ウケ狙ってんの?
社員の独身、捕まえようと思ってんじゃない?」

 

 

あざ笑いながら、
この日もサヤは児玉社長とランチです。

 

 

そんな時、社長とのツーショット写真を
誰かにとられてしまいます。

 

 

次の日、仕事中にサヤはたくさんの資料を頼まれます
しかし今日もパーティー。
いつもの通り中山さんに嘘をついて、仕事を押し付けるのでした

 

 

「一緒に住んでる母の具合が悪くて心配で…」

 

 

中山
「大丈夫私私がやっておきますから、心配しないで行ってきてください」

 

 

中山さんは遅くまで残業をしています。
課長が差し入れを持ってきても
サヤはいません…

 

 

さらに、婚約者も心配してきていたのですが
中山さんしかいないのでびっくりしてます。

 

 

逆に中山さんに惹かれちゃう元カレですw

 

 

だんだんと、仕事がおろそかになっているのがバレるサヤ。

 

 

次の日、サヤはインスタで、
(港区女子会)で楽しそうに遊んでいる写真が暴露されます。
厳しく叱られるのでした。

 

 

部長
「じゃぁ、これは何なんだ!」

 

 

社内からの目も冷たくなります。

 

 

そこで、派遣社員の中山さんがスゴイです。

 

 

サヤの代わりに仕事のプレゼンなどを作って
顧客との接点を作ってくれます。

 

 

課長や男性社員たちはびっくりしています

 

 

「すごいじゃないか中山さん!」

 

 

サヤが会社にいる場所は
どんどんなくなっていくのでした。

 

 

だけどそれよりもサヤはパーティーが大事です。
営業成績も悪く、
ケツに火がついたサヤ、おじさん達の甘い罠にかかります

 

 

(なんとかしなくちゃ…)

 

 

パーティーで知り合った大手取引先の専務、
サヤは彼に仕事をもらおうと思うのです。

 

 

「まぁ、考えてもいいけど、君次第かな?」

 

 

そしてサヤはついに
不細工なおじさん(専務)と寝てしまうのでした。

 

 

なぜかというと、派遣の中山に負けたくないからです

 

 

「あぁ〜、専務〜、気持ちいい〜♪」

 

 

次の日、サヤは大口の契約をとってきて
みんなから褒められています。

 

 

 

(どう?派遣さん私が本気になれば、
一瞬であなたを追い出せるのよ)

 

 

それからと言うもの、
サヤはバンバン枕営業します。
仕事を取るようになります

 

 

今日もパーティーで社長の隣、色目使いですw

 

IT社長
「仕事熱心だねぇ…」

 

 

おじさんたちは25歳のサヤとエッチできて
とてもうれしそう。
ベッドの上で契約の約束をしてあげるのでした。

 

 

サヤは営業成績がトップになり、
社員からの信頼も一時は回復。

 

 

しかしその頃、休憩室では
婚約者と中山さんが
2人で楽しそうに話をしています

 

 

それを見て嫉妬してしまうサヤ。

 

 

サヤは婚約者(コウ君)を取り戻すため、
久しぶりに料理を作って自分の部屋に呼びます。

 

 

コウ君
「な…なんで、いまさら急に…」

 

 

サヤは「3時間も時間をかけてビーフシチューを作った」と言うのですが

 

 

ゴミ箱の袋の中のインスタントを指差して
コウ君、嘘を見抜くのでした。

 

 

「こんな茶番、付き合っていられるか!」

 

 

「もう、別れよう…」

 

 

婚約者から別れを告げられるサヤです

 

 

ここで、サヤは逆ギレ。

 

「ハハハ・・・、どうして私が振られるの?おかしい」

 

 

最後は婚約者に悪態をつきます
頭にきてスープをひっくり返す婚約者。

 

 

スマホがスープで汚れてしまいます

 

 

「あ、私のスマホ!」

 

 

さらにブチ切れて暴れるサヤです

 

 

「いっとくけど…フったのは私の方だから!」

 

 

サヤの顔・・・醜いですw

 

 

イケメンの元カレは去ってしまいました。

 

 

すると次の日から、
サヤのインスタグラムのフォロワーが急増します。

 

 

ドキドキしながら見ると、
それは悪口ばかりのフォローでした。

 

 

なぜかというと、裏アカウントが作られていて、
サヤが金持ちオジサン連中と
キスをしてるシーンが・・・

 

 

(♯電報女、枕営業!!)

 

 

「いやぁあ!、誰、こんなことしたの・・・」

 

 

 

『ゴミ屋敷とトイプードルと私♯』3話ネタバレ

 

 

 

3話では、ドンドン落ちていくサヤです。

 

 

「誰…誰があんな写真…」

 

 

裏アカウントで枕営業を暴露されてしまったサヤ、
一人でシャワーを浴びて考えています。

 

 

投稿IDの一つに
”見ているよ”のハンドルネームが。

 

 

それは、どこかで見覚えのあると思ったら、
先輩だった明日香(1巻の女)・・・。

 

 

(だけど…この数字…)

 

 

思いっきりフォロワーが激増し、
興奮するサヤ、風呂場で自慰行為ですw

 

 

(き、気持ちいいぃ〜〜)

 

 

翌日、裏アカウントは消えていたのですが、
枕営業でとった仕事がキャンセルになり始めます。

 

 

なぜかというと、ベッドの上での口約束、
契約書が無いので社長たちはキャンセルし、
サヤのカラダだけを頂いたのです。

 

 

「R商品からキャンセルが入ったぞ!」

 

 

サヤがR社に電話すると、
社長(寝た男)は何のことか分からない、と。

 

 

他の受注のすべてが白紙になりました・・・。

 

 

(まさか…やり逃げされた…)

 

 

サヤは会社にまで会いに行きます、
偶然、ヤマシタ専務が通りがかり
言い寄るサヤ、でも相手にしてくれません…。

 

 

「キミ、誰に向かって口をきいているのだね?」

 

 

「まだ僕らの仲間でいたいんでしょ、その態度でいいの?」

 

 

サヤはあきらめて帰ります。

 

 

会社では冷ややかな目、
仕事が一つも取れず、陰口をたたかれるサヤ。

 

 

サヤはまたパーティに参加します。
そこではゾゾシティーの社長がまた誘ってきて、
またカラダを献上するのでした。

 

 

キラキラな世界は財布を持っていく必要がない、
だけど、対価を払う必要があるんだ・・・

 

 

サヤが港区会でうつつを抜かしていた間に、
ぽっちゃり中山さんは、着実に仕事の成績が上がります。

 

 

「中山君、今月もトップだぞ!」

 

 

妬む、サヤです。

 

 

次第に中山さんのサポートをさせられ、
落ちたサヤは会社で居場所がなくなります。

 

 

そんな残業をしているときでも、
サヤはインスタグラムに自分をアップします。

 

 

(頑張れ私!終わったらセシルのバスボムでご褒美♪)

 

 

ようやく残業が終わって帰ろうとすると、
会議室で二人、いちゃついてる男女がいます。

 

 

それは以前の婚約者と、ハケン社員の中山でした。

 

 

婚約者だったコウ君は、中山に告白しています

 

 

「あんな女、もう終わったんだ、君が好きなんだ」

 

 

中山
「ありがとう、でも少し考えさせて」

 

 

(何よあの女…汚い横取り女、許せない…)

 

 

サヤ、他人を妬むことばっかりですw

 

 

そして、中山さんを階段から突き落としてしまいました。

 

 

 

『ゴミ屋敷とトイプードルと私♯』4話のネタバレ

 

 

翌日から中山さんは
2週間、大ケガで会社を休んでいます。

 

 

「中山さん〜、頼まれてた資料、ばっちり作ってきたわよ」

 

 

いないのを知っていて、
声を大きくして出勤してきたサヤ、
他の社員からは怪しまれています。

 

 

「昨日、突き落としたのは女の人らしい…」

 

 

社員全員、サヤを疑っています。

 

 

「は?私じゃない、私じゃないよ!!」

 

 

しらばっくれるサヤです。

 

 

他の女社員が、インスタグラムのサヤの写真を部長に見せます。
すると、そこには極秘資料も映り込んでいるのです。

 

 

部長から怒られてしまうサヤ。

 

 

「なんだこれは!クライアントの情報も写ってるじゃないか」

 

 

会社にはクレームの電話がかかってきます。
さらに居場所がなくなっていくサヤですw

 

 

そして1本の電話が。

 

 

「部長、枕営業のOLを出せって…」

 

 

「なんだそれは!?」

 

 

他の社員が裏アカウントのサヤ、
港区会で社長連中とキスしたりしています。

 

 

会社の名前もでていて、
他の社員にまで迷惑かけています。

 

 

 

「イヤよ、私たちまでこんなことやってるって思われたらたまんないわ!」

 

 

すると、1本のクレーム電話が鳴ります。
受け取ると、
「お仕事あげるから、しゃぶってよ、OLさん♪」

 

 

誰かからの嫌がらせの電話が。

 

そのまま、停職処分になってしまうサヤでした。

 

 

それからというもの、
サヤは自宅に引きこもってインスタントラーメンを食べる毎日です。

 

 

食べた殻カップはそこらに投げ捨て、
次第にゴミ袋も満杯になっていきます…。

 

 

「チっ」

 

 

金持ちのオッサンたちからは誘いもなくなり、
嫌がらせの電話だけが来ます。

 

 

「Hできる電報OLさん?」

 

 

ブチっと切るサヤ。

 

 

サヤの生い立ちは悲しいものです。
もともと、とても真面目な子供だったサヤ、
しかし、父親がチカンで逮捕されてから、状況は一変します。

 

 

母は周りの目を気にするようになり、
「目立たないように!」といつも叱られていました。

 

 

(いつもビクビクしてつまらない人生…
私は両親のようにはならない)

 

 

サヤはキラキラしたくていい高校、いい大学に入りました。

 

 

もう、実家には戻りたくないのです。

 

 

次第にハケン社員の中山さんを逆恨みします。

 

 

ある日、段ボール箱がサヤにアパートに届きます。

 

 

サヤのラインIDに
”差し入れだよ”の謎のメッセージが。

 

 

段ボール箱を開けてみると、
それはカップラーメンの山でしたw。

 

 

さっき食べた銘柄と同じやつです、
ゴミ袋も監視されています・・・誰…?

 

 

だけど負けずにインスタアップするサヤでしたw

 

 

「そうまでして見られたいわけ?」

 

 

同僚の女性社員からは呆れられていますw

 

 

ゴミ屋敷とトイプードルと私♯4話までの感想

 

 

話はおわったのか、続くのか分からない感じです。
でも、サヤ、落ちたところまで落ちたって感じですねぇ・・・。

 

 

いったい、サヤを監視しているのは誰なのか…
まぁ、たぶん1作目の明日香でしょう。

 

 

なんか、最後はまだ続くのか、
ここで終わりかってよくわからない終わり方でした。

 

 

続くとしても、サヤの裏アカ作った人物が
登場してさらにサヤは奈落の底に・・・

 

 

もしかしたら裏アカ作ったのは、
ハケンの中山さんなのかな?

 

 

そう思わせられた4話でした!


ページの先頭へ戻る