漫画スカイハイの最終回や結末は?2話〜5話も無料で読める♪

(1話は試し読みで無料で読めます↑)

 

スカッとする復讐漫画「スカイハイ」が面白い!
普段あまり漫画は読まない方でも、
人に騙さたり、イジメられたりした方は読んでみる価値があります。

 

 

やっぱり、ひどいことをした奴は、
それ相応の復讐をされ、
地獄へ落ちるべきですよね♪

 

 

しかし、復讐をした本人も地獄へ落ちてしまう…
結末はスカッとするけどちょっとダークです。

 

 

漫画「スカイハイ」は
それぞれが独立した一つ一つの物語。

 

 

U-NEXTやFODだと無料で読めます。
↓↓↓
FODプレミアム(1ヶ月間無料)
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

 

 

1巻は1話〜5話になっていて、
時間がない方は
1話ずつ読んでみるのもいいかもです。

 

 

あらすじですが、死んだ人々は、
死んだ時は殺されたことさえ分かっていません。

 

 

しかし、霊になり、上から見ることで、
自分が殺された理由がわかるのです。

 

 

復讐をして地獄へ行くのか、
それとも諦めて天国へ行くのか選択を迫られます。

 

 

以下、『スカイハイ』2話〜5話のネタバレです

 

 

ちなみに1話は女友達に殺され、
ダンナを奪われた女性が復讐するストーリー。
結末は怖いけど、めっちゃスカッとしました!

 

 

スカイハイ2話のあらすじ

 

 

2話では若い男女が
腐りきった双子の2人に復讐する物語です

 

 

ある日、夏の暑い日に
盗難車のトランクルームに若い女性が遺体で発見されます

 

 

殺害された若い女性(未来)
(何でも、何でも言うこと聞きますから…
お願いです、ここは耐えられそうにありません…)

 

 

車のトランクの中で苦しむ女性。

 

 

未来
「私、死んだのね…」

 

 

未来は10代で若くして殺されてしまいました。
彼女は両親もいないし、
身元もわかりません…

 

 

刑事2人
「孤独な姿だ…あまりにも孤独すぎる…」

 

 

刑事2人はこの娘の犯人をどうにか探そうとします。
手がかりが見つからず、とても困っていました。

 

 

その頃、犯人、若い18歳位の男3人が
ボロいアパートで揉めています。

 

南くん
「もうダメだ、自首するしかない…」

 

 

双子の兄弟
「はあ?自習?なんて言って生」

 

 

1人の若い青年、南くんは
未来のことをかわいがっていました。

 

 

しかし他の2人(ゴツイ双子の兄弟)は違います。
女をモノとしか扱わず、
性処理の道具にして、捨てたのです。

 

 

 

(しかし、殺したのを止められなかった南くん、。
彼は自首しようとしたけれど、双子の兄弟に殺害されます。

 

 

その後、南くんの殺害現場(ボロアパート)から
未来も映っていた写真が出てきます。

 

 

 

こうして、未来を殺害した犯人(双子の兄弟)は
逮捕されることに。

 

 

 

しかし、双子の兄弟(18歳)は悪びれた様子もなく

 

「自分たちが殺した」と認め、供述するのでした。

 

 

その頃、死んだ未来は
天国と地獄の隙間でイズコと話しています

 

 

 

未来は死んでも謝ることばかり。
気が弱く、1人で復讐はできそうにもありません。

 

 

「ごめんなさい、気に障ること言った?」

 

 

そこに殺された南くんが現れます

 

イズコ
「あなたに、会わせたい人がいるの…」

 

 

南くんは死んだ彼女が目の前にいてびっくり。
(まだ自分が死んだことに気づいていない)

 

 

「ひー!許してくれ!
あいつらが強くて、僕は君を見殺しにしたんだ!」

 

 

だけど未来は彼を許してあげます
それどころか彼に感謝していたのです。

 

 

未来
「南くんと一緒に住めて、嬉しかった…」

 

 

未来は小さいころからずっと孤独でした。

 

 

イズコ
「あなた達は3つの行き先を選べるわ」

 

 

「3つめ…現世の人間を呪い殺す…地獄行きだけど」

 

 

二人の選択は決まっていました。

 

 

そのころ、双子の兄弟たちは
牢屋に入れられようとしています。

 

 

捕まっても、何とも思っていない双子でした、

 

 

しかし、牢屋の場所に連れてこられると
表情が変貌します。

 

 

なぜかというと、その牢屋の前には、
霊となった2人(南くんと未来)が姿を見せて待っていたからです。

 

 

連れてきた刑事たちには見えませんが
2人の双子は悲鳴をあげます

 

 

「おおおおおお!頼む!ここには入れないでくれ!!」

 

 

独房の中で2人の双子は
南くんと未来に呪い殺されるのでした。

 

 

最後は、牢屋の隙間に首を入れられて、
首がちぎれるようにヒン曲がり、
死んでしまう双子の兄弟でした。

 

 

南区と未来は無事、復讐をすることができました。

 

 

最後は、2人手をつないで、地獄に行くのでした。

 

 

スカイハイ3話ネタバレ

 

 

3話では死んだことが自覚できていないサラリーマンの話

 

 

サラリーマンは命をかけて
路上で襲われそうになっていた女性1人を守った。
だけど通り魔に殺されています

 

 

サラリーマンは飲みの帰りでした。
路上で美人な女の人が、
不審者に襲われそうになっていたのです。

 

 

そして刃物を持った男に逆に殺されてしまうサラリーマン。

 

 

代わりに、女の人は助かっています。

 

 

生きてる世界で、
刑事たちがサラリーマンの部屋を調べます

 

 

彼はまだ若く、実家通いでした。
部屋で捜索すると、盗撮ビデオが出てきます

 

 

さらには覗きのビデオばっかり。
親も恥ずかくなり、恥さらしです。

 

 

死んだサラリーマンは後悔しないています。

 

 

「僕は最低だ…」

 

 

「僕は人に褒められるようなことなんて1つもない
恥ずかしいことばっかりだ…」

 

 

自分が死んでしまった後
助けた女性の両親から、
自分の両親は感謝されています。

 

 

しかし、自分が盗撮などをしていたのが
ばれてしまったため、
あまり嬉しくなさそうな顔をしている両親です。

 

 

だけど助けてもらった女性(美人)は
自分の墓標の前で、
泣きながらお線香をあげてくれました。

 

 

助けた女性が帰る時、
ヨゴレ新聞記者が彼女に話しかけます。

 

 

「殺された村田さんなんですけど、
実は盗聴や盗撮が趣味だったらしく
問題になっているんですよ」

 

 

それを聞いて少し顔をしかめる女性。

 

だけど、記者を無視して去っていきます。

 

 

死んだサラリーマンは頭に来ます。
「ふざけやがって!」

 

 

霊になって、その状況を見ていたサラリーマン。
新聞記者をねたんでしまいます

 

 

その頃、殺そうとした男は、
なんと自殺をして死んでしまっていました。

 

 

自殺した男
「僕はただ…あの時、道を聞こうとしただけなのに、
なんであざ笑ってきたんだ…」

 

 

実は、助けた女は根の悪い女でした。

 

 

友達に高額な化粧品を売りつけたり
男と遊びまくっている、とんでもない女です。

 

 

今日は男と部屋でエッチしています。

 

 

女の彼氏
「しかしその男もしょうがねぇな」

 

 

助けた女
「女の敵よ、盗撮なんて最悪だわ」

 

 

(俺は、こんな女を助けたのか・・・)

 

 

助けたサラリーマンは落ち込んで
その情事を男の背後から見ています。

 

 

サラリーマンは助けた女を呪い殺すことにします。

 

 

イズコ
「呪い殺すことにしたの?誰を?」

 

 

 

「あの女だ!いくらなんでも酷すぎる!」

 

 

 

イズコは彼を引き止めます

 

 

「人間は皆、歪んでいるのよ
あなたも、そうだったじゃない…」

 

 

「彼女を呪って、地獄に行くと事は無い、
天国に行って、再生を待つのよ」

 

 

「そしてもう一度、現世に戻るのよ」

 

 

こうしてサラリーマンは
イズコの胸で泣いて復讐を止めます。
天国に行くことになるのでした。

 

 

 

なんともスカッとする結末でした。

 

 

スカイハイ4話ネタバレ

 

 

4話では断崖絶壁で
女子高生2人が自殺しようとしています

 

 

1人の少女は1冊の本を読んでいます。
イズコの事です。

 

 

「この本に書いてあるの、
死んだ人間はこの世の人間を1人だけ呪い殺せるって…」

 

 

 

どうやら誰かを恨んでいて
呪い殺すために自殺する女子高生(木下)。

 

 

「行くわ、志村」

 

 

復讐をするために海に飛び降りる女子高生です。

 

 

彼女は予想通りイズコに会うことができました。

 

 

「木下麻美さんね、私はここの門番、イズコ」

 

 

(やった、妖精はいたんだ…)

 

 

上はあさみは生前同じクラスの女子3人からいじめられていました
新(あさみをあさみと一緒にいたもう1人の)

 

 

麻美は残った友達に頼んで、
手紙を送りつけていました。

 

 

手紙
(私はあなたたち3人の1人は呪い殺せる)

 

(誰にするか楽しみ…)

 

 

いじめっ子たちは、最初は馬鹿にします。

 

 

しかし、手紙が宙に浮いて文章をつぎ足したり、
ケイタイメールにメッセージが届いたりするのです。

 

 

すると、いじめっ子たちがビビってしまいます

 

 

そして、ビビった3人のいじめっ子は
許しをこうために、麻美の友人、志村に土下座して謝るのです。

 

 

志村は調子に乗ってしまい、
彼女たち3人をを1人でイジメ始めるのでした・・・。

 

 

(こいつらが私の前にひれ伏してる。楽しまなきゃ)

 

 

志村
「逆転だ、ざまぁみろ」

 

 

その頃、麻美は3人のいじめっ子を呪い殺すのやめます

 

 

逆に生き残ったもう1人の志村
(今は3人をいじめて楽しんでる)

 

 

彼女は友人だった志村を
妬んで恨み殺すことにするのです

 

 

麻美
「裏切ったな!自分だけ楽しみを見つけやがって」

 

 

こうして麻美は、生きている人間に嫉妬してしまい、
イズコに注意されます。

 

 

イズコ
「人間はで死ぬことも選んじゃっいけないの」

 

 

麻美は志村を殺すことを留まります。

 

 

 

自殺した女子高生、麻美は誰も復讐せずに
そのまま天国に旅立っていくのでした…。

 

 

 

スカイハイ5話ネタバレ

 

 

ラブホテル…
とある若いカップルが部屋に入ろうとしています

 

 


「さぁどうぞ」

 

 

女には霊感がありました、
部屋に一方足を踏み入れると、ちょっとした姉妹
女は帰ってしまいます

 

 

「ダメ、帰るわ」

 

 

そこにはラブホテルで殺されてしまった
37歳女性の霊が見えたのです。

 

 

彼女は金持ちのデブ男と結婚したいと思って
このラブホテルの部屋に連れて来られました

 

 

デブ男はその女に平手打ちします

 

「キレイ事言わずに、金が目当てで結婚すると言え!」

 

 


「信じて、本当にお金じゃないの」

 

 

女性はその後も何度も床に頭を叩きつけられた末、
悲惨な姿で死んでしまいます。

 

 

女性はイズコと話すことで殺されたことを思い出すのです。
そして、男に復讐しようと誓います

 

 

「今、あの男はどこにいるの」

 

 

 

「今あなたの家に向かっている」

 

 

その男は裸足で彼女の家入ります
近所の人が警察を呼びます。

 

 

すると、そこには自分と彼女が二人っきりで笑って写ってる写真が置いてありました
本当に彼女は男のことが好きだったのでした
殺した男はとても後悔します。

 

 

号泣する殺人デブ男です。

 

 

殺された女の涙は後ろに立っていて
そのデブ男を殺そうとしている

 

 

その後通報を受けた警察官がドアの音を叩きます

 

デブ男
「もう何もかもおしまいだ…」

 

 

デブ男は女に恨み殺される前に
自殺してしまいました。

 

 

女性は恨みを晴らすことができず
苦しい苦しみもがいています。

 

 

「死んだ後って、こんなにも苦しい…?」

 

 

イズコ
「あなたが苦しいのは、
まだ誰にもあなたが発見されていないからよ」

 

 

実は、彼女の遺体はまだ、
ラブホテルのベッドの下に放置されたままでした。

 

 

そして、そうとも知らず、今日もカップルが
そのベッドの上でエッチをしてしまいます。

 

 

殺害された女
「許さない…」

 

 

男女がベッドの上でエッチをしていると
首が曲がったまま、はいずり上がってくる女です、

 

 

激コワです…

 

 

そして彼女は何も関係のない男を殺めてしまいます

 

 

イズコ
「関係のない人間を早めて満足?」

 

 

「地獄…私にはお似合いだ…」

 

 

こうして、地獄に案内される女でした。

 

 

「じゃあね」

 

 

復讐漫画「スカイハイ」読んでみての感想

 

 

スカイハイは2巻で完結します。

 

 

スカイハイは最初の2、3話はスカッとしたけど
後から、ただただ怖いって感じの漫画です

 

 

(最終回はイズコが下界に降り、本の作者と出会い、
自分が天国へ行って終わり)

 

 

1巻の5話なんて、ラブホで殺されてしまった女が
関係のないカップルを恨み殺すだけなので
何にもスカッとしません。

 

 

だけど、絵が激コワです。
怖いもの見たい私にとっては
とても楽しめる漫画でしたw

 

 

漫画、スカイハイは無料で読む方法もあります
↓↓↓
FODプレミアム(1ヶ月間無料)
※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!


ページの先頭へ戻る