奴隷日記のネタバレ。5話”絶対服従”が面白い!

奴隷日記

ドМな風俗嬢の話「奴隷日記」がヒドすぎです!

 

 

風俗嬢がマインドコントロールされてドМな奴隷に!
真面目なオマちゃんが風俗を始めたキッカケは
ご主人様からの”調教”の一環でした。

 

 

この話はリアル風俗日記という漫画のプロローグ。

 

 

登場してくるご主人様はかなりヤバイのですが、
もともとは普通の”絵の先生”なんです。

 

 

でも、やっていることは詐欺師かと思うほどw
ドМに調教され、お金を貢がされるため、
風俗嬢になる・・・。

 

 

最初っからドМだったわけでは無いオマちゃん、
絵の先生から洗脳されていくストーリーが
具体的すぎてヤバいです。

 

 

漫画はU-NEXTだと無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

左上U-NEXTマーク〜”奴隷日記”でスグに読めます。

 

「奴隷日記」1話〜8話のあらすじ

ネタバレ含みますので注意して読んでください。

 

 

オマちゃんは首輪をはめ、
猿ぐつわをされています

 

 

そしてヘルスで稼いだこのお金は
ご主人様(学校の講師)に振り込んでいるのです

 

 

でも、最初は普通の女性でした
そのいきさつとは…?

 

 

オマちゃんは絵の先生をとても尊敬していました。
なぜかというと、他の先生よりも
指示が的確で、教え方が上手だったからです。

 

 

でも、先生が絵の指導をするときは
とても迫力のある言い方、強い口調でした。

 

 

「なんだこれは、お前、これおかしいと思わんか」

 

 

どきっとするオマちゃん
先生はとても厳しいけれど確かな技術と知識を持っていました。

 

 

つまり、”信頼できる人”だったのです。

 

 

そして大学を卒業後もオマちゃんは、
先生の主催している制作チームに入ることになります。

 

 

なぜなら、みんなそこでは
卒業した学生(最初は男も女もいる)が切磋琢磨して
漫画家や、作家を目指しているからでした

 

 

その中でも友達のナミちゃんは先生のことを1番信頼していました。

 

 

でもしばらくするとなみちゃんは
チームのデッサンに来なくなります。

 

 

いつの間にか化粧が濃くなって、
制作に参加せず、いつもどこかに出かけていきました。

 

 

チームの男
「なみちゃん、最近、遅刻多くない?」

 

 

ナミちゃん
「すみません、これからすぐにバイトに行かなくては…」

 

 

次第にチームの関係は悪くなっていきます。

 

 

そんな時、オマちゃんは
一緒のチームで作業していた
加藤君のことが好きになり、付き合いだします。

 

 

絵の事より、恋愛に逃げてしまったオマちゃんです。

 

 

すると、モテないチームの1人の男が辞め、

 

 

先生
「そうか、彼(鹿子)かやめるか…わかった。」

 

 

「でも、約束は守ってもらうぞ」

 

 

オマちゃんは違約金18万円を取り立てることに。
5人でチームを始めたときに
途中で辞める者は先生に支払うという約束でした。

 

 

最初は志を同じくして集まった同士なのに
お別れの時はお金を取り立てることになるなんて・・・

 

 

お前ちゃんは少し気まずい気持ちになってしまいます

 

 

でも先生はお金を回収してきたおまちゃんを褒めます

 

 

しかしそこで驚愕の事実を言うのです

 

 

「お前、加藤と付き合っていたのか」

 

 

「いいんだ、しかしあいつは確かナミとも付き合ってるよな」

 

 

オマちゃんは大好きだった
恋人に裏切られてしまって精神が病んでいきます。

 

 

浮気した彼にはもうあいたくない
だからといって親友には取られたくない…

 

 

 

そんな感情が交差して、
オマちゃんは頭がおかしくなってしまいました

 

 

そしてお前ちゃんは先生との作業にも身が入らず
とうとう、椅子を投げつけられて怒られてしまいます

 

 

ある日、遅刻するオマちゃん。

 

 

「体調が悪いんだったら
事前に連絡するのが筋じゃねーのか、
お前はクズか?たるんでんじゃねーぞ」

 

 

そして平手打ちをされるのです

 

 

「詫びを入れろ」

 

 

おばちゃんは両手をついて先生に謝罪します

 

 

「…申し訳ありません」

 

 

徐々に調教されていくおばあちゃんです
さらに、元カレの違約金18万円は
オマちゃんがしっかり回収させられることに。

 

 

そして、髪もバッサリ切らされるのでした。

 

 

 

『奴隷日記』3話のネタバレ

 

 

オマちゃんは彼氏とその後も関係を続け、
毎月3万円ずつ回収していきます。

 

 

「あ、ありがとう!」

 

 

6か月目、こうしてオマちゃんの彼氏は
18万円をちゃんと返すのです

 

 

彼氏
「これで完済だね、また今度ゆっくり遊びにでも行こうよ」

 

 

オマちゃん
「そうだね!あ、もうこんな時間行かなきゃ」

 

 

そして用のなくなった彼氏に
興味がなくなってしまいます冷たくするオマちゃんでした

 

 

彼氏とはこれで別れて、
そして待っていたのはご主人様とナミちゃん

 

 

他のメンバーは、みんな辞めてしまっていました

 

 

そして新しいメンバーが2人。
でも新しいメンバーはみんな女性でした

 

 

「ご苦労だったな」

 

 

みんなの前で頭をポンポンされて
オマちゃんは泣きそうになる。

 

 

実はオマちゃんはカツラをかぶっていたのです

 

「ずっと自分で刈ってるのか?」

 

 

みんなの前でカツラを外す。
泣いてしまいます。

 

 

でも、その反面
認められてとても嬉しく思っていた自分がいるのです。

 

 

「私はここに…まだ、先生のそばにいてもいいんだ」

 

 

オマちゃんは先生の所から離れられなくなるのです。

 

 

するとオマちゃんは先生の事を、

 

(初めて自分を理解してくれた…)

 

と思ってしまうのでした。

 

 

それから先生(ご主人様)は他の女性4人を連れて
お店に行きます。
そこには先生の奥さんもいました。

 

 

飲み物をついで回るオマちゃん、
注意されます。

 

 

「ちょっと、私じゃなくて先にカオルさんからでしょ」

 

 

先生
「なんだ、そいつまたヤラカシてるのか」

 

 

オマちゃんは、これ以上粗相がないように
気をつけて奥さんたちのお茶も注いで回ろうとするのですが、
先生からは冷たくされるのです・・・。

 

 

「お前ら下々のものはそっちで
親睦を深めあっていなさい」

 

 

まるで奴隷扱いです

 

 

そして先生を慕っている
女の子たちはみんな漫画家を目指しています

 

 

オマちゃんもその1人
みんな漫画の話題で盛り上がっています

 

 

【奴隷日記】4話のあらすじ”お前を解放してやる”

 

 

オマちゃんは先生と、
その部下の女の子達と飲んでいます

 

 

先生
「お金も回収したことだし、
お前も加藤とやり直しているのか」

 

 

しかしオマちゃんは加藤君には興味がなくなりました

 

 

「もう連絡も取ってないし、会うことはないと思います」

 

 

「そうか、お前もよくわかっただろ馬鹿な男と付き合えて
俺は知識量も寛容力も全く違うだろう」

 

 

「はい全くその通りです」

 

 

このように、オマちゃんはドンドンと奴隷に教育されます

 

 

すると先生は、
みんなが(奥さんも含めて)見てる前で
オマちゃんの口に指を入れてくるのです!

 

 

「集中しろ」

 

 

お前ちゃんが恥ずかしそうにしていると
先生は、目をじっと見て厳しく指導します

 

 

言われた通りに先生の指の感触だけを集中するオマちゃん。

 

 

すると、とても心地よくなっていくのです。

 

 

そして毎晩、
先生に携帯に心を込めてメールを送るよう指示されます

 

 

「俺の事だけを考えて、心を込めておくれ」

 

 

オマちゃんは毎日、夜中に先生にメールを送り、

 

すると先生の返信は

 

(これからは俺がお前の人格をぶっ壊す)

 

(お前の絶対服従が完成した時、全て喜びとなるだろう)

 

 

こう書かれているのです

 

 

「これから自分で自慰行為をしろ、終わったら俺に報告しろ」

 

 

お前ちゃんは言われた通り、一人エッチをします
先生の指をくわえていたのを思い出します…。

 

 

先生に褒められたり、
頭を打たれたりしたことが
すべて脳裏をよぎり、溢れ帰ってきました。

 

 

でも、その瞬間がとても気持ちよかったのです。

 

 

オマちゃんは、先生を想像してたくさんイきました
今までにない喜びでした。

 

 

 

奴隷日記5話ネタバレ(絶対服従)

 

 

 

先生はいつもナミちゃんと一緒です。
オマちゃん、今日も先生に相手されず、
メールの指示通りに自慰行為にふける日々です。

 

 

 

そしてそれが終わると報告、
”絶対服従”という文字を1日3回書いています。

 

 

たまに、その姿を「写真で送れ」と言われ、
恥ずかしいけれど自撮りして先生に送るのでした。

 

 

オマちゃん、全裸で股をひろげて、
テーブルの上に携帯のせて自撮りしていますw

 

 

でもそれがさらに絆を強くすることに。
オマちゃんは携帯を抱いて喜んでいました。

 

 

オマちゃんは他の漫画の先生の所で
アシスタントをしています。

 

 

それは”ご主人様”の先生には内緒でした。
なぜなら、そこが唯一、本当に漫画を学べる場所だったからです。

 

 

だけどご主人様はそれを許しませんでした。
みんなを集めた飲み会で、
アシスタントを無理やり辞めざる負えなくなります。

 

 

すでにほかの女性4人は、
先生の下僕になっていました。

 

 

オマちゃんはアシスタントを辞めたせいで
漫画の制作は学べず、
ただ単に先生の事務所を行ったり来たりです。

 

 

 

「奴隷日記」6話のネタバレ

 

 

オマちゃんは精神が病んでいきます。
事務所に行っても、ほかの女性4人から軽蔑あつかい。
あまり何もすることがないからです。

 

 

そんなとき、ご主人様がやってきます。

 

 

「俺が、なんについて怒っているのかわかるか?」

 

 

すぐには返答できないオマちゃん。
するとご主人様、怒ります。

 

 

「お前は俺がいなきゃ、ゴミ同然だからな」

 

 

「はい・・・すみません・・・」

 

 

まともなことが考えられなくなるオマちゃん。
一人寂しく、駅に・・・。

 

 

すると先生から連絡がきます。
それはうれしい言葉でした。

 

 

「なんだ、今日は話そうと思ったのに」

 

 

そして先生は指示するのです。
本当に謝罪する気があったら
「体中の毛を全剃りしろ」と・・・。

 

 

そして次の日、頭も剃って、
カツラをかぶって先生のもとに。

 

 

するとそこには他の女性4人もいました。
あのナミちゃんが筆頭で、
実はみんな先生のMな奴隷になってしまっていました。

 

 

オマちゃんの目の前で
女性4人は裸になり、先生に遣えます。

 

 

初めて見る異様な光景に
オマちゃんは戸惑いましたが、
彼女もまた先生に遣えるようになるのでした。

 

 

「奴隷日記」7話のあらすじ・ネタバレ

 

 

3人の女性は、完全に先生の家畜奴隷。
裸になって先生のひざ元で、目がトローンとなっています。

 

 

その中でもナミちゃんが1番なついています。
オマちゃんの元カレと付き合っていたのはウソ。

 

先生がオマちゃんを奴隷にするため、
調教の下準備だったのです。

 

 

それが分かっていても、オマちゃん、
先生に遣えることを誓います。

 

 

ナミちゃんは先生のモノを一生懸命咥えています。

 

すると先生、
ナミの顔をつかんで、言います。

 

 

「面白いものを見せてやろう、
ナミ、俺の目を見てろ」

 

 

すると、ナミちゃん、大事にな所を
特に触られていないのに、
先生が数字をカウントダウンするとイってしまいます。

 

 

他のユキちゃん、二人も
同じように、想像だけでイカせるご主人様でした。

 

 

オマちゃんはそんなシーンを見て驚きます。
まるで魔法か手品のように。
3人の先生の奴隷は言うがままです。

 

 

ご主人様
「おまえもこうなりたいだろ?」

 

 

顔を赤らめながらオマちゃん

 

「はい・・・」

 

 

その後は、ナミちゃんの大事なところを
舐めさせられるオマちゃん。

 

 

毛がが無いナミちゃんの底には、
ピアスが通してあるのでしたw

 

 

その後はオマちゃん、初めて先生に入れられます。
だけど途中で抜かれ、
ナミちゃんにお手本を・・・。

 

 

先生の指示通りに動いて、
先生の指示通りにイく・・・
そんなナミちゃんでしたw

 

 

「奴隷日記」8話のあらすじ・ネタバレ

 

 

8話になるとSMの道具(ベルトや口にはめるやつ)を
渡されて、一人、部屋ではめています。

 

 

どれも文章ではいいにくいほど
激しいツールばっかりw

 

 

「お前は毎日これをつけて生活しろ」

 

 

調教の始まりです。

 

 

そして「奴隷誓約書」たるものを書かされます。

 

 

毎日、それを写経させられて、
”私はあなたの家畜奴隷です”と毎日20枚描くのです。

 

 

オマちゃんは先生にメールします。
(少し怖いけど、奴隷になれるよう、頑張ります)

 

 

すると、先生に呼び出されるオマちゃん。
”少し怖い”自分の主張を言っただけで、
先生からビンタされてしまいます。

 

 

それを見ているナミちゃん、
打った先生の手を心配しているほどw

 

 

「明日はその紙を書いているときに
俺を思って自慰行為をしろ」

 

 

そして一人、部屋に残されるオマちゃん・・・
不思議に打たれたことが快感になっています。

 

 

(私は、ご主人様に認められる奴隷になりたい・・・)

 

 

どんどんとマインドコントロールされていくオマちゃんですw

 

 

 

奴隷日記を読んでの感想ですが、
この漫画はドSな先生がオマちゃんを
マインドコントロールしていくストーリーです。

 

 

しかし実話なので、事細かく、どうやって
Mな女にされたのかがよくわかります。

 

 

漫画「奴隷日記」は1話〜8話まで出ています。


奴隷日記ネタバレ最新。9話「思いやりの快感」

 

オマちゃん、頭も坊主にして猿ぐつわをはめて
トイレで撮影してご主人様に送っています。

 

それもネットカフェでバイト中で…。

 

 

ネットカフェの店長
「お前ちゃん、トイレ長くない?」

 

 

そんな言ってる間にも
ご主人様からメールが来ると、
すぐにトイレに駆け込みます

 

 

「すみませんお腹下してて」

 

 

そしてトイレに入るやいなや
全裸になって自撮りしまくるのです。

 

 

その後、ご主人様と待ち合わせして
ナミと3人でホテルに行きます

 

 

ご主人様
「お前もホテルに来たらこうするんだぞ」

 

 

ナミは膝をついて、
ご主人様にお尻を向けます
するとご主人様、カンチョウをしてあげるのです

 

 

四つん這いのまま…浣腸いれられます。

 

 

「浣腸を入れるぞ」

 

「入れたまま行くぞ、3、2、1」

 

 

ナミはカウントダウンと同時に果ててしまいました。

 

 

目の当たりにするオマちゃん。
今度は自分の番です

 

 

ナミは一生懸命、トイレを我慢します
でも浣腸を入れた後なので
我慢ができず、行きます

 

 

するとご主人様は、トイレでも指図をしました

 

「出す時行くぞ」

 

「ほら3.2.1」

 

 

ナミはご主人様の命令通り
出す時もまた、イッテしまいました。

 

 

そしてその後、ご主人様のモノをゆっくりと入れてもらえるんです

 

 

「欲しいか」

 

「ご主人様欲しいです」

 

 

「入れた瞬間に行!!」

 

 

敏感にそしてすごく激しくイってしまうナミでした。

 

 

「さあ次はお前は不感症になるぞ、321」

 

 

今度はナミの顔を外す両手で挟んで
ご主人様は命令します。

 

するとナミは人形になったように不感症な状態になります

 

 

とても演技とは思えない仕草でした
オマちゃんはすごく驚いてしまいます

 

でも、ナミ、すごく幸せそうです・・・。

 

 

ご主人様
「おい、触ってみろ」

 

 

動かなくなったナミ。

 

 

そしてご主人様は声をかけます

 

 

「さあ次は元に戻って、今まで貯めた分一気に快感が押し寄せるぞ」

 

 

「3、2、1」

 

 

ナミは意識を取り戻して激しく果ててしまいます。

 

 

もう、獣のようになってしまうナミです

 

 

「ご主人様、そっち行っても、」

 

 

そして上は裸のままベットの外に放り出し
次はオマちゃんの番です

 

 

奴隷日記ネタバレ10話「そして風俗嬢へ」

 

 

次はオマちゃんがご主人様に入れてもらいます」

 

「あ、ああ」

 

「なんだそのカマトトぶった声は」

 

ビンタを喰らわすご主人です

 

 

「もっとさらけ出せ!」

 

 

ビンタをもらいながら、
オマちゃんはご主人様とつながります。

 

 

そして、イってしまうオマちゃんでした。

 

 

その後は、ナミがご主人様の上に乗っかりながら
他の女の子の報告をします。

 

 

「あ、サユキとサチが部屋に戻ったみたいです」

 

 

「そうか」

 

 

 

ご主人様
「サユキとサチはここで働いてるんだ」

 

 

このように、オマちゃんは
みんながソープで働いていることを知ります。

 

「風俗…」

 

 

ご主人様
「ナミもソープとヘルスを掛け持ちして俺にご奉仕しているんだ」

 

ナミ
「毎日ご奉仕できて幸せです」

 

 

「お前もまずはヘルスで働いて、俺の家畜奴隷として一生懸命ご奉仕しろ」

 

 

部屋に戻るとサユキとサチは待っていました

 

 

「こいつらはこの家畜部屋で共同生活させてるんだ」

 

 

3人とも同じ部屋に同居していました

 

 

「お前らなんで服を着ているんだ!」

 

 

すると、すぐに3人は服を脱ぎ始めます

 

 

「おい、今日はあの客来たか?」

 

「ああ、あのガチ恋のお客さんですか〜」

 

 

「120分も私のメールアドレスを聞いてきて大変でした」

 

 

「私はご主人様のものがないと生きていけません」

 

サユキはご主人様のモノを咥えはじめます。

 

 

「お前も欲しいか」

 

 

オマちゃんは答えます

 

「はい…」

 

交代して、オマちゃんにさせるご主人。

 

「独りよがりでへたくそだな」

 

「ヘルスでしっかりご奉仕して
男を喜ばせる技術を学んでこい!」

 

 

こうして、オマちゃん、ヘルスで働くことになるのです。

 

 

そしてヘルスで働くと
初日の給料は46,500円でした。

 

 

ナミに言われて、一緒にコンビニに。
すべてをご主人様に振り込みます。

 

ナミ
「これあなたように作ったキャッシュカードよ
ここでみんな、ご主人様に全額振り込むの」

 

 

ナミもオマちゃんも他の2人も全員
ご主人様に全額を振り込んでいます。

 

 

その夜はご主人様と5人で全員で焼肉を食べます。

 

「今日はこいつの初出勤の日だからな、遠慮なく食え」

 

 

オマちゃん
(うれしい、うれしいやっとスタートラインに立てたのかな・・・)

 

すでに洗脳されてしまっているオマちゃんです。

 

 

一番初めのお客さんは同世代の若い、真面目な人でした

 

 

こうして奴隷としてのご奉仕の日々が始まります・・・。

 

 

奴隷日記10話までのあらすじでした!

 

 

 

ページの先頭へ戻る