君に愛されて痛かったネタバレ。3巻が激ヤバ!21話「したいならいいよ」は無料で読める♪

漫画「君に愛されて痛かった」が胸くそ面白い!
ヒロシに殺されるかなえのストーリーが知りたい!
最新3巻の内容が気になる方も多いのではないでしょうか?

 

 

男たちに襲われたトラウマで不登校になった一花、
勇気を振り絞って学校へいくが、
そこで見たものは自分の位置で笑顔で過ごすかなえの姿。

 

 

一方、かなえはヒロシへの想いで幸せ絶頂。
しかし、その想いが次第に狂気へ変わっていく3巻です。

 

 

ネタバレですが、3巻ではヒロシの肩が壊れていることが発覚。
野球部でピッチャーでエースなヒロシ、
最終21話が衝撃です。

 

 

かなえはそんなことも知らずにヒロシへ急接近。
19話ではデートすることに成功します。

 

 

しかし、帰り道に現れた元カノに、
その夜、嫉妬心が深まって、またおかしくなります。

 

 

ヒロシも、野球がうまくいかないことで
かなえに心が向くようになっていきます。

 

 

「わたしとエッチしたいの?したいならいいよ、いいよ」

 

 

かなえにハマリ始めていく3巻です。

 

 

 

「君に愛されて痛かった」3巻はU-NEXTだと無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
本ページの情報は2019年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

 

君に愛されて痛かった3巻(15話〜21話)のあらすじ

ネタバレ含みますので、注意して読んでください。

 

 

15話 登校

 

 

とうとう立場が逆転したかなえと一花。
一花が学校でいじめられ、かなえが他の女子と仲良くしている。

 

 

「じゃあ、行ってきます♪」

 

 

両親には笑顔で応え、登校する一花だが、
バスに乗ると、男が隣に来るだけで
強姦されたあの日のことが思い出し、震えてしまう。

 

 

「降ります!降ります!降ります!」

 

 

耐えられずバスを降りて徒歩で登校する一花。
学校に着くと、以前は仲間だった女友達から無視される。

 

 

「おはようっ!・・・えっ?」

 

 

一花が話しかけてもみんな無視。
逆に、遅れて登校してきたかなえ、
みんなに囲まれて楽しそうにしゃべっている。

 

 

一花
「どうしよう・・・このままじゃ、ひとりぼっちだ・・・」

 

 

 

16話 ネタバレ (グループ)

 

 

保健室に仮病で逃げ込む一花。
だが先生にはバレてそう長くはいられない。

 

 

教室に帰るのがコワイ一花、
中学の時、バレー部で気合入れ過ぎて、
仲間はずれにあった日を思い出す。

 

 

「だって嫌じゃん、あいつとバレーするの」

 

 

他のみんなは遊び半分のバレー部。
一花ひとりだけ、県大会優勝を狙って張り切っていた。

 

 

「そんなに好きなら、一人でバレーしろっての、ハハハハ!」

 

 

部室の中で聞こえる会話、
それ以来、一花は誰も信用できなくなった。

 

 

しかし、もう一度仲直りしたくて、
友達の分までジュースを買って教室へ戻る一花。

 

 

「必死過ぎー!!」

 

 

かつて、一花を慕っていた女友達は、
みんな呆れた顔で、さらに一花を軽蔑した。

 

 

さいごにかなえにしゃべりかける一花。
かつて、イジメていたかなえにジュースを差し出す。

 

 

「いいよ、余ってるの飲んで、好きなの、どれでもいいよ!!」

 

 

上目つかいで観るかなえ、一花の必死の懇願に、
鬼の形相でにらめ返すかなえ。

 

 

かなえ
「触らないで・・・!」

 

「誰が友達だよ、誰でもいいくせに」

 

 

かなえは彼女を許すことはなかった。

 

 

 

17話ネタバレ (カロリー)

 

 

かなえは胸が大きいので、
他の友達からもてはやされる。

 

 

「かなえちゃんって、けっこースタイルいいのね!」

 

 

からかうように胸をもむ、里虹ちゃん。
その横で見ている、太った女子がいる、とみ子だ。

 

 

里虹
「とみ子のおっぱい、どれかわかんないじゃん、何段目?」

 

 

三段腹のとみ子、自虐ネタでからかわれても毅然とする。

 

「いやいや!下の段は腹だから!ははははは!」

 

 

その場が笑いに変わって和む。

 

 

しかし彼女は下校時、一人でコンビニによって
その日の悔しかったことを食欲に移す。

 

 

4000円以上のパンやお菓子を買って、
コンビニの外でそのまま座って食べ始めるトミ子。

 

 

とみ子はかなえに嫉妬していた。

 

「やっぱ乳じゃない?ヒロシ君が気に入ってるのは」

 

 

とみ子に言われたことがショックで、
かなえは団地に帰らず、下でスマホをいじる。
幼馴染のナルミを待っているのだ。

 

 

そこに一花を襲ったやつらが。

 

「あいつなら、当分帰ってこねーぞ。逮捕されたで」

 

 

18話ネタバレ (団地)

 

 

逮捕されてしまった幼馴染のナルミ、
かなえは相談相手を失って、
ショッピングモールのフードコートでふさぎ込んでいる。

 

 

不安に思っていたころ、ヒロシからラインが。
いっきにかなえが上機嫌になる。

 

 

お風呂の中でもヒロシとのラインを楽しむかなえ。
すると、いつまでたっても上がってこないので、
ヒステリックな母が怒鳴ってきた。

 

 

「かなえ!!あんた風呂長い!何してんのよ!」

 

 

楽しいラインを邪魔されて、ちょっとムカツクかなえ。
言い返す

 

 

「一番最後の風呂だから、時間気にしなくてもよくない?」

 

 

それにブチ切れる母。

 

「あんた誰に口答えしてんの!出ていけ!」

 

 

その調子で弟も怒られてしまう。
弟は、姉のかなえを恨むようになってしまった。

 

 

そんななか、ヒロシからのラインが。

 

”てか明日休みなんだよね、かなえちゃん空いてる?”

 

 

ついにヒロシと初デートだ。

 

 

19話ネタバレ (鼓動)

 

 

かなえは学校でもみんなと仲良くなれて、
それでいてヒロシともデートが待ち構えている。

 

今まで以上にない、楽しさだ。

 

 

かなえ
(最近、学校が楽しい・・・)

 

 

そんな中、女友達にヒロシ君とデートすることを暴露するかなえ、
みんな、応援してくれる。

 

 

しかし、チョーシに乗ってヒロシの事ばかり話すように。
さすがに、女友達は引いてしまった。

 

 

「恋は盲目だね♪」

 

「ここまで愛されるヒロシくん、うらやましーなー♪」

 

 

3人の女友達は去って行った。

 

 

その後、帰り道で待っていたヒロシとデート。
バッティングセンターへ行き、盛り上がる。

 

 

そこには”ストラックアウト”が。

 

「私、ヒロシ君の投げてるところ、見てみたい♪」

 

 

だが、ヒロシの顔色が変わる。

 

 

「…今はやめとくわ」

 

 

少し微笑んでごまかすヒロシ
「肩、あたためなきゃいいボールは投げれないの♪」

 

 

楽しいデートも終わりに差し掛かったころ、
向こうからショートカットで巨乳の女の子が走ってくる

 

 

「あー!やっぱりヒロシだぁーー!」

 

 

彼女はナナ、といい、ヒロシの元カノだった。

 

 

かなえ
(ヒロシ、ナナ、・・・お互い呼び捨て・・・)

 

 

ヒロシに少し触っているナナ、
その手をじっと見つめるかなえ。

 

 

ナナ
「あっ、もしかして彼女・・・?」

 

 

「ごめんっ!邪魔して、またね!」

 

慌てて帰るナナ。
しかしその一部始終が羨ましくてしょうがないかなえ。

 

 

自分の中に嫉妬心が芽生えてくる。

 

 

顔色が変わるかなえ。

 

 

「あのひと、知り合い?」

 

 

「うん、元カノ。」

 

 

「ふーん・・・」

 

 

かなえのその目は怖すぎるw

 

 

 

20話ネタバレ  (糸)

 

 

インスタグラムで元カノの情報を探るかなえ。
その眼は執拗で、とても執念深い。

 

 

後日、友達にそのことを話すと、
みんなかなえの事を心配してくれる。

 

 

しかし、とみ子だけは違った。

 

 

元カノと仲良くし、あまりかなえに気を使わなかったヒロシ。
そのことを聞いて、とみ子はバクダン発言。

 

 

「男が女にやさしくする理由ってヤりたいだけだろ」

 

 

かなえはただ、ヒロシからヤリタイだけの存在だと、否定される。

 

 

「どーせ、一回ヤったら捨てられるわよ!」

 

 

その言葉が忘れられず、その夜、
団地の下でふさぎこむかなえ。

 

 

 

とみ子とは、殴り合いのけんかをしてしまい、
それが母にもバレ、家に帰れなくなってしまった。

 

 

家に帰ると押し入れに投げ込まれるかなえ・・・。
だけどヒロシは心配そうなラインを入れてくれる・・・。

 

 

狂うようにヒロシだけが頼りになって行くかなえ。

 

 

 

3巻最後 21話ネタバレ (野球)

 

 

21話は野球ができなくなってしまっているヒロシの話。
かなえたちにはわからないが、
もう、野球部で活躍する場はなくなっている。

 

 

カントク
「やる気ねーならすぐやめろ!なんでこんな凡ミス繰り返すんだ!」

 

なぜかというと、球の球威が落ちているのだ。
打たれまくるヒロシ。
ただ、体調が悪いというだけだが、キャッチャーの越智だけは知っていた。

 

 

越智
「おまえ、大丈夫なのかよ、その肩。」

 

 

中学時代からバッテリーを組んでいた越智。
彼だけはヒロシの野球生命が終わっていることに気づいていた。

 

 

「痛いんだろ!肩が!!」

 

 

ヒロシは越智と別れ、一人でコンビニで歩いている。
すると、ラインには数十件のメッセージが。
すべては、かなえからだった。

 

 

「わたしなんかにやさしくしてどうしたいの?」

 

「エッチしたいの?」

 

「したいならべつにどうでもいいよ、いいよいいよ、」

 

 

そんな内容のメールがずらり。
帰り道、ヒロシは少し驚いている。

 

「な、なにこれ」

 

 

もう逃げられないーー
4巻では、出会った直後、かなえに抱きつかれるヒロシです。

 

 

「君に愛されて痛かった」3巻のネタバレでした!

 

ちなみにイーブックジャパンでは50%off、
ダウンロードしながら読めるので、ストレスなく読むことができます。
↓↓↓


ページの先頭へ戻る