酒と恋には酔って然るべき2巻ネタバレ。”梅酒の出会い”は無料で読める♪

「酒と恋には酔って然るべき」の2巻が面白い!
普段あまり漫画は読まない方でも、
日本酒が大好きで、今すぐ彼氏が欲しい方は読んでみる価値があります。

 

 

同じ会社の後輩、今泉くんには実は彼女がいて、
いきなり失恋してしまった松子。

 

 

しかし、いじけてバーで一人飲んでいると
隣の席に、とてもお酒に詳しいイケメン男性が座ります。

 

イケメン男性
「俺、このベースになってるお酒も好きなんです」

 

 

そのベース酒”越野景虎”をオーダーする松子。
イケメン、伊達さんがニッコリ笑ってくれます。

 

 

「あっ、僕、伊達といいます」

 

 

名刺交換する松子、その後、食事に行って
彼の家で飲むことに。
トントン拍子で付き合っちゃうことになる二人です。

 

 

だけどまだ今泉くんに未練がある様子。

 

 

「酒と恋には酔って然るべき」は2巻は
分冊版で読むとオトク。7話〜が2巻です。

 

 

U-NEXTだと600円分が無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
本ページの情報は2019年2月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

分冊版が108円なので7話〜11話までが無料読みできます。

 

 

「酒と恋には酔って然るべき」2巻(7話〜12話)のあらすじ

 

ネタバレ含みますので、注意して読んで下さい

 

 

7話 ネタバレ (梅酒の出会い)

 

 

今泉くんに家飲み誘ってOKもらったものはいいものの、
彼女がいたため、松子は自分で断ります。

 

 

「私にとってはアウトなの!ってことで中止!」

 

 

今泉
「今日楽しみにしてたのになぁ」

 

 

そして新政bUを一人で家飲みする松子、
ヤケ酒、一人で泣いています。

 

 

その後、美味しい梅酒を飲みたくなった松子は、
梅酒の取り揃えが豊富なバーへ行くことに。

 

 

そこには”越の景虎”という梅酒があって、
バーのカウンターで一人で飲んでいると、
イケメンサラリーマンの2人がやってきます。

 

 

「お前、昼間から酒かよー、ホント好きだなー」

 

 

友達から酒好きを言われてる彼は”伊達さん”といって
とてもお酒好きそうでした。

 

 

座るや否や、マスターが何も言わず景虎の梅酒を彼に出します。
すると、友達が言います。

 

 

「そういや、お前こないだ酒飲んで泣いてたっけ、あれなんて酒?」

 

 

「新政bUですよ」

 

 

聞き耳を立てる松子。
偶然、昨日、松子が一人で飲んだ銘酒でした。

 

 

松子は、2杯目の酒をオーダーします。

 

 

「あの、越の景虎の龍(りゅう)をください」

 

 

イケメンの伊達さんが気づきます。

 

 

「俺、この梅酒のベースになってる酒も好きなんですよ、
今、お隣のお姉さんが注文された♪」

 

 

ニッコリ笑ってくる彼、
とてもさわやかで、松子も微笑み返します。

 

 

そこから少しずつ、会話が。

 

 

松子
「あの、実はbUが出た時、私もこの店にいたんですよ」

 

 

「え、本当ですか!?」

 

 

「ええ・・・もちろん、泣きました」

 

 

話がはずんで、今度は二人で飲み比べすることになるのです。

 

 

終わりがてら、名刺交換をする二人。

 

 

「あっ、僕、伊達と言います。」

 

 

その夜は上機嫌になれた松子でした。
次の日、出社すると今泉くんが。

 

 

今泉君は、今の彼女(三森さん同じ会社の後輩)から告られ、
なんとなく付き合っていることを言います。

 

 

「えっ・・・好きじゃないのにつき合ったの?」

 

 

「だって、付き合ってみないと分からないじゃないですか」

 

 

今泉君から、松子は積極性が足りないと言われる始末、
同僚の女子、白石からも”ファッション婚活”と言われます。

 

 

「そんなんだから、本気の女に競り負けるんだよ」

 

 

そして、伊達さんから突然のメールが。

 

(こないだの店で飲んでいます。良ければ合流しませんか?)

 

 

もう一度、こんどは二人きりで飲むことになります。

 

松子
(もう、こりゃあ行っとくべきでしょう…!)

 

 

 

 

8話 ネタバレ (恋の和らぎ水)

 

 

結婚が目的じゃなく、”恋して幸せになりたい”松子、
イケメン、伊達さんとの初めての二人での食事です。

 

 

”休肝日”ということで、今回は飲まずに食事をして
何かイイ感じで終わることが出来た食事でした。

 

 

今度は日本酒の”試飲会”に2人で行くことを約束します。

 

 

しかしながら、会社に居ると、
今泉くんが気になって仕方がない松子。

 

 

親友の白石から
「早く未練は捨てろ」とアドバイスされます。

 

 

だけど、今泉くんも遠くから松子をずっと見てて、
彼にまだ戸惑わされている様子の松子です。

 

 

そして、伊達さんとの2回目のデート”試飲会”
そこでは”十六代 九郎右衛門”という銘酒で盛り上がる二人。

 

 

別れて、家に帰っても、松子と伊達さんはラインのやり取り。
伊達さん、酒の写真のバックに自家料理も乗っていて、あせる松子w

 

 

(うわぁ、伊達さん、料理もするんだ、しかもイイ感じ・・・)

 

 

かなり、伊達さんの事が気になって行く松子です。
対抗して、自分がつくった”きゅうりの漬物”を送ると、
伊達さんはそれを食べたいとメールしてきます。

 

 

テンション上がる松子。

 

松子
「こんどは、カップ酒試飲会したいですねー」

 

 

伊達さん
「いいね!いつにする?」

 

 

今度はお台場で3回目のデート。
その気になって行く松子です。

 

 

 

9話 ネタバレ (お台場・軍艦恋物語)

 

 

来週末にデートがせまった時、
偶然、伊達さんと会社の近くでバッタリ出会います。

 

 

「松子さん?おつかれさま」

 

 

「ええっ!すごい偶然・・・」

 

 

話が弾み、伊達さんが言います。

 

「お酒の蔵見学とかして、温泉行って飲んだりもしたいよねー、美味しいお酒を求めて♪」

 

 

松子
「いいですねっ!」

 

 

伊達さんと温泉へ行くことを想像しちゃう松子。
その夜は寝る前の顔面パックにも気合が入ります。

 

 

そしてデート前夜、下着を、
どれを着ていこうか迷う松子w

 

 

とうとうデートの日、
お台場で2人で飲んだ銘酒は”千福 夏にごり”です。

 

 

広島のお酒で”ラムネ”で割るのが人気です。
イタリアンも一緒に食事します。

 

 

夕暮れになって、二人は手をつなぎイイ感じに。

 

 

伊達
「早めの夕飯にしようか」

 

 

松子の手を握り、引き寄せる伊達さん。
そして付き合うことになります。

 

 

そして今日の夜ごはんも一緒に食べることに、
しかし、そんなときに限って、今泉が誘ってくるのでした。

 

 

今泉
「藤井さん、今度2人で飲みに行きませんか?グチ、聞いてくれるんですよね?」

 

 

 

10話 ネタバレ (勝負のひやおろし)

 

 

彼氏(伊達さん)が出来た松子は、
誘ってきた今泉を断ります。

 

 

「私も彼が出来たし、男と2人で飲みはちょっとね‥‥」

 

 

今泉
「甘え過ぎました、すみません、お先に失礼します。」

 

 

少し寂しそうに帰る、今泉。

 

 

伊達さんと2人で食事をしていても、
今泉のことが気になって上の空な松子です。

 

 

伊達さん
「大丈夫?」

 

 

それでも二人は食事と”ひやおろし”というお酒で盛り上がります。

 

 

「じゃあ、連休はうちで一緒に過ごさない?」

 

 

伊達さんがとうとう自分の家に誘ってきてくれました。
松子も、うれしくて「・・・はいっ!」と返事します。

 

 

その夜、下着選びと顔面パックを入念に行う松子w
そして、あっという間に2週間が過ぎ、
彼の家にお邪魔する日がやってきます。

 

 

そこでは”船中八策ひやおろし”という銘酒を飲む2人。
そしてそのまま彼の家で一夜を共にするのでした。

 

 

朝になると、上半身が裸で寝ている伊達さん。
そのまま布団で二人で寝てしまったようです。

 

 

寝起きの顔がとてもかわいい伊達さん、
松子、そんな彼の素顔がとても好きになります。

 

 

翌日、ルンルン気分で出社する松子。
一方、今泉君はどことなく寂しそう。

 

 

上司が
「今日、飲みに行く?」

 

 

松子
「行こっかなー、ハイ!」

 

 

今泉
「・・・仕事がありますんで」

 

 

ちょっとこないだ断ったのが悪いなと思った松子、
缶コーヒーにメッセージを書いて、
今泉くんの机の上に置くのでした。

 

 

”この間はごめん!話、いつでも聞くからね!”

 

 

そんなメッセージ入りの缶コーヒーを、
気づかずに彼女の三森にやってしまった今泉くん、
松子は、「しまったぁああ!」と頭を抱えています。

 

 

(ああああ!こじれるぅぅ)

 

 

今頃、メッセージを見ている、彼女の三森です。

 

(ん?”この間”って・・・・?)

 

 

11話 ネタバレ (カップ酒でやらかして)

 

 

三森は今泉くんの部屋にいます。

 

 

今泉くん
「なぁ、こないだのカフェラテどうした?松子さんからの差し入れだったらしいけど」

 

 

三森
「ん、途中で飲んで捨てちゃった」

 

 

三森はメッセージに気づき、不穏に思いながらも
気づかないフリをしてやり過ごしました。

 

 

三森、松子と今泉くんの間に何かあったんじゃないかと、
俯き加減で不安に思っています。

 

 

そして、カップ酒の話。
今回は、松子の家に伊達さんがやってきます。

 

 

伊達さんが食器棚をあけると、
そこにはカップ酒がずらりと並んでいました。
ちょっと引いちゃう伊達さんですw

 

 

「カップ酒、す、すごい量だね・・・」

 

 

「ひ、引きました!?」

 

 

「うーんw」

 

 

そこで出てくるのは”真澄 銀撰 パールライトカップ”。
長野県のお酒で、2018年、最高金賞を取ったお酒です。

 

 

2人でグラスに分けて飲むと、
ほろ酔い気分からイイ感じに。

 

 

松子は伊達さんの肩に頭を寄せて、幸せ踏みしめています。
キスをすると、伊達さんは言います。

 

 

「今度、ウチの実家に連れていっていい?」

 

 

戸惑いながらも、もちろんOKと言う松子。

 

 

翌日、今泉くんにすれ違う松子、
彼に聞きます

 

「あのさ、今泉君、彼女と結婚の話とか出たりしてる?」

 

「ええ、してますよ。でも俺はまだちょっと考えられなくて」

 

 

27歳の今泉君、まだ結婚は考えていないよう。

 

 

会社のみんなでカラオケ飲み。
今泉君、そこで歌う歌は”初恋”ですw

 

 

みんなもいる中、メッセージを打ってくる今泉君。

 

(カラオケ中もカップ酒ですか、ブレませんね、
 松子さんも、結婚間近なんですか?)

 

 

松子
(いや、結婚はしないと思う)

 

 

そう、メッセを打ち返そうとする松子。
すると、その時に伊達さんからメッセージが。

 

 

伊達
(この間の話だけど、来月ってどう?)

 

 

そのメッセに、”いや、結婚はしないって思う”と
誤送信でメッセージを流してしまっちゃう、松子です。

 

 

松子
「やらかした!!!」

 

 

 

12話 ネタバレ (恐怖の女子会スパークリング)

 

 

12話はそのからのメッセージの続きです。

 

 

伊達
(結婚?誰が?)

 

 

松子
(…すみません、一人で期待しちゃって、まだ早いかなって空回りを…)

 

 

すると、伊達さんからの返信は

 

(そうかー、期待させちゃったか、じゃあ、また今度だね)

 

 

大人な対応の伊達さんに、さらに好きになっちゃう松子。
そして、隣にいる今泉君へ、メッセージを送りなおします。

 

(結婚間近、だと、いいなぁ)

 

 

そして、カラオケ飲みは終わります。
次は、女子会だけの飲み会。

 

三森が誘ってきます。

 

 

そこで飲むのは”七賢スパークリング 星ノ輝”。
日本酒を元にスパークリングしてあります。

 

 

ガス圧が強く、泡がとてもきめ細かいお酒です。
そして、飲みながら三森さんが。

 

 

「カフェラテ、すみませんでした。松子さんの差し入れって知らずに私が飲んだんです」

 

 

(うわ、いきなりストレートで来た)

 

「いえ・・・出過ぎたマネをしてしまって・・・」

 

 

焦りながら言い訳をする松子。
すると三森は言います。

 

「実は私、婚活してるんですよ、彼氏はいるんですけど、女性関係に思うところがありまして・・・」

 

 

焦る松子w

 

 

三森は、今泉くんという彼氏がいながらも、
婚活パーティへ積極的に出席していました。

 

 

帰り道、三森が帰った後話します。

 

 

「すごいなー、若い子は恋愛体力あるね〜」

 

 

そして、やがて伊達さんからは連絡が来なくなります。

 

 

白石
「まぁ、大人な人はそのままフェードアウトもあるからね」

 

 

白石のアドバイスのもと、
伊達さんに自分から”会いたい”と電話する松子。

 

 

それから、伊達さんの部屋にいき、
お義母さんに挨拶をする松子です。

 

 

帰り、エレベーターの中でキスをされる松子、

 

 

伊達
「そろそろクリスマスだけど、どうする?」

 

 

松子
「クリスマスに一緒に飲みたいお酒があって、
この間、会社の子にイイ感じのお店を教えてもらったので」

 

 

今泉くんに教えてもらったお店に
伊達さんと2人でデート。

 

 

すると、偶然にも隣の席には
三森と今泉くんがやってきます。

 

 

ここで、酒と恋には酔って然るべきの2巻は終わりです。

 

以上、2巻のあらすじ・ネタバレでした!

 

 

イーブックジャパンだと半額でも読めます。
↓↓↓

 

さらに、ダウンロードしながら読めるので
電子書籍の中では一番読みやすいです。


ページの先頭へ戻る