金魚妻7巻ネタバレ。25歳レス妻が激ヤバ!元カレと交わるシーンは無料で読める♪

↑試し読みはコチラ↑

 

 

金魚妻7(金魚妻の7話目)の騎乗シーンがヤバい!
今回は金魚妻の友達(25歳のかわいい人妻)が主役で、
25歳で夫とセックスレスになった美人妻が元カレと不倫する物語です。

 

 

25歳、結婚2年目の美人妻、ユウカ。
イケメンかつ高収入な夫と不自由なく生活しています。

 

 

一つだけ、”セックスレス”という部分を除いては・・・。

 

 

ある日、どうしてもヤリたくなったユウカは
スマホで元カレに連絡、喫茶店で密会し、
すぐさまホテルへ直行、キス、すぐに騎乗してやっていますw

 

 

「だって、話早いし、カラダもお互い知ってるし、一番安全でしょ♪」

 

 

金魚妻7は、上に乗って感じているシーンが激ヤバです!

 

 

「気持ちいい!気持ちいいよ」

 

 

 

金魚妻7は
U-NEXTで無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
本ページの情報は2020年1月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

 

「子供はまだ早いよ」
頭はいいけどエッチをしてくれない夫は、
知らぬ場所であっという間に妻に浮気されていますw

 

 

ユウカは、元カレとのエッチの回数がエスカレート、
初めは1回だけ、と思っていたのが
金魚を買って、さらにズッポリ不倫にハマってしまうところが見どころです。

 

 

 

2020年7月発売の金魚妻7の4話目に掲載。

 

 

金魚妻7話目のあらすじ

 

 

 

登場人物

 

 

 

志村優香…25歳の若い妻、平賀さくらの友達。
   今は結婚2年目でセックスレス街道まっしぐら。
   性欲ガマンできず、元カレに連絡。

 

 

平賀さくら…1歳の子持ちに。今回は脇役。

 

 

 

元カレ…結婚していたとき優香と出会っていた。
    もともと浮気性の男、今はバツイチ。
    優香の不倫相手になる。

 

 

 

 

25歳の人妻、優香は久しぶりにさくらに会います。
さくらは金魚屋で、1歳の子供をもうけ、
前夫とは離婚していることにびっくりしたのでした。

 

 

優香
「2年も会ってないうちに!詳しく教えなさいよ!」

 

 

さくらが前夫と離婚して、
19歳年上の金魚屋の店長と再婚したことを聞く優香。

 

 

 

「そうなんだ、不倫・・・しちゃったんだ・・・」

 

 

さくらは、初めて店長に抱かれたとき、
今までで一番感じたのでした。

 

 

さくら
「もう・・・カラダが帰りたくないって・・・」

 

 

 

さくらを持ち上げて、駅弁のように突いてあげる金魚屋の店長。
服は着たまま、
繋がる部分だけジッパーを下ろしていますw

 

 

そのまま、さくらは金魚屋を手伝うことに。

 

 

「いつでも元夫のところに帰ってもいいんだよ」

 

 

でも色々手伝わせて本当は返さない店長、
そのまま、子供もできてしまいました。

 

 

金魚屋の屋上で話す、優香とさくら。
優香はセックスレスになっています。

 

 

さくら
「優香はどうなの?志村くん(ダンナ)と・・・」

 

 

 

優香
「うん、セックスレス街道まっしぐらw」

 

 

交際して1年、結婚して2年、
とうとう、会話だけは楽しいけど
夜の営みはなくなってしまった優香です。

 

 

時には顔を近づけて、
「赤ちゃん欲しいよ」と言ってみても、
結婚=子供と思っていないダンナ、断られるのでした。

 

 

メガネで理路整然としたダンナとの会話、
そのうち、性的魅力もなくなっていきます・・・。

 

 

しかし、優香は性欲がたまってしまい、
ある日、たまらず元カレに連絡してしまいます。

 

 

呼び出された元カレは、
セックスレスのことの悩みを聞くことに。
既にやる気マンマンです。

 

 

元カレ
「ダンナの気持ちもわかるな、男にとって一番興奮しないのは自分の妻だ」

 

 

優香
「なによそれ!じゃあ、誰だったら興奮するの?」

 

 

元カレ
「はは、他人の妻さ」

 

 

 

一緒にいて、ストレスを感じない相手は、
エッチをするときには魅力的じゃないことを教えてあげます。

 

 

元カレ
「金魚は、暑い所に強い者同士は、交尾しないんだよ」

 

 

なぜかというと、それで生まれた子供は、
暑い所につよい子供しか生まれないからです。

 

 

逆に、暑い所に強いオスと、寒い所に強いメス同士が
たくさん交尾して、子孫を残すといいます。

 

 

そうすることで、暑い所に強い金魚、
寒い所に強い金魚、どちらも残すことができるからでした。

 

 

優香
「もう、話はいいからサッサと行こ、気持ちがなえちゃうw」

 

 

こうして優香は不倫、元カレとラブホテルに直行します。

 

 

ホテルに入るや否や、すぐにベロチューする二人です。

 

 

「シャワーは・・・?」

 

 

「もう、入ってきた」

 

 

優香は久しぶりにエッチをすることに。
自分のカラダで興奮してくれるかどうか不安です。

 

 

「ねぇ・・・部屋をもっと暗くして」

 

 

すこしS気のある元カレ、
暗くせずに優香の股を攻めます。

 

 

優香
「私のカラダをまだ欲している人がいてくれる・・・」

 

 

久しぶりのエッチ、
胸と股を同時に責められ、うれしい優香。
それから全裸になります。

 

 

少し小柄なカラダは、
片足を思いきり上にあげられて、
下からブッ刺すように2本指で攻められるシーンがヤバいです。

 

 

小柄なカラダの股を両手で広げられ、
正面からズンズン突かれる優香、
とても感じてしまいました。

 

 

元カレ
「優香、気持ちいいか!」

 

 

優香
「うん、気持ちいい、気持ちいいよぉ!」

 

 

最後は上に乗っかって、
下から細い腰を握っている画像がキレイです。
この2人の不倫シーンが見どころです。

 

 

帰り際、
優香は金魚妻のさくらのもとで金魚を飼います。

 

 

「私、餌を取りにいかない下にいる金魚が良いな」

 

 

金魚を飼って帰る帰り道、
偶然、元カレとばったり出会う優香。

 

 

元カレも金魚を飼い始めているのでした。

 

 

「最初はどんぶり飼育だったけど、今は水槽さw」

 

 

名前を”ゆうか”として、
優香のことが好きになっちゃってる元カレ。

 

 

不倫が止まらないようで、
二人は白昼堂々、手をつないで歩きます。

 

 

さくら
「すでに手遅れなことも多いから・・・」

 

 

最初は1回のエッチだったけど、
そこから不倫へエスカレートしてしまう友達でしたw

 

 

以上、金魚妻7のあらすじでした。


ページの先頭へ戻る