「ラブファントム」ネタバレ。10巻が激ヤバ!52話「砂浜でバック」は無料で読める♪

漫画「ラブファントム」の新刊が面白い!
普段あまりこのような漫画を読まない方でも、
10巻の長谷とモモコが交わるシーンは読んでみる価値があります。

 

 

「本当に、してもいいか・・・?」

 

 

「はい…」

 

 

そして夜空を見ながらキスする百々子がかわいい!

 

 

無人島の浜辺に誰もいない星空の下、
二人の結合シーンが綺麗だけどエロスですw

 

 

 

実は漫画「ラブファントム」はU-NEXTで無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ラブファントム10巻52話のあらすじ

ネタバレ含みますので注意して読んでください。

 

 

52話では、ホテルのオーナーの別荘に遊びに来ています。
そこは無人島でした。

 

 

 

登場人物

 

 

モモコ…23歳、天然、ホテルのカフェ店員。
    同じホテルの支配人、長谷と婚約する。
    10巻では甘い時を過ごすシーンが多い。

 

 

長谷…ホテルマン。仕事が出来てスキがない。
   39歳、おじさん。だけどカッコいいし、
   鍛えていてカラダがキレッキレ。

 

 

会長…無人島に別荘をもつホテルのオーナー
     今回は孫の面倒を見させるため、
     長谷とモモコを強制的につれてきた。

 

 

その孫…双子の孫、とてもかわいい。

 

 

 

冒頭、潮が満ちてしまって、
別荘に帰れず困っている二人ですw

 

 

 

「こりゃ、戻れませんね〜〜」

 

 

数時間前、
二人はこの別荘に招待され、遊びに来ています。

 

 

 

それはオーナーの孫の子守りという事で、
絶対命令で来させられたモモコと長谷でした。

 

 

二人の孫をあやしてあげるモモコ、
すると夕方に、親がやっと合流してくれます。

 

 

「お仕事終わったよぉ〜!長谷くん、モモコさん、ありがとう!」

 

 

こうして、孫と親、ぐっすりと寝るのでした。
役目が終わったモモコと長谷、
二人で散歩に行くことにします。

 

 

 

「やっと落ち着いたな、ちょっと散歩にでも行こうか」

 

 

別荘の向こう側には小さな無人島があります、
潮が引いているときは、
砂浜がつながっていて渡れそうです。

 

 

モモコ
「勝手に島に渡って大丈夫です??」

 

 

長谷
「ここもオーナーの所有だから大丈夫だよ」

 

 

手をつないで渡る二人、
3日間、孫の子守りで、やっとこさ、二人きりになれたのでした。

 

 

 

「少しくらい恋人と楽しんでもバチは当たらないよ」

 

 

キスをしてくれる長谷、
モモコも体を寄せて、手を握り返します。

 

 

「ようやく、二人きりになれたね」

 

 

砂浜でキスをした後は、
魚を見たり、いろいろ遊んでいると
知らないうちに時間が過ぎてしまいます。

 

 

 

すると、潮が満ちてしまって、
帰り道が海になってしまい渡れず、
別荘にもどれなくなってしまうのです。

 

 

 

「泳ぎます?これくらいの距離ならいけますよ♪」

 

 

「オイオイ、やめとこうなw」

 

 

というわけで二人は無人島で夜を過ごすことに。

 

 

夜ごはんは近くになってたフルーツで
そして二人は砂浜に行くのでした。

 

 

モモコは長谷との結婚を想定して、
この無人島での二人きりになったことが、
将来の思い出になったらいいな、と言います。

 

 

すると、お姫様だっこで海岸へ行く長谷。

 

 

「じゃあ、もっと思い出つくってみよう」

 

 

 

よいしょっと、後ろから抱いて
空を見上げるとそこには無数の星が。

 

 

「どう?」

 

 

「とても・・・綺麗です・・・」

 

 

首筋からささやかれて、ゾクゾクしてしまうモモコ。
そのまま横に振り向かされて、キスされます。

 

 

上着を脱がされ、タンクトップ1枚に。
そのまま、肩にキスされ、もっとゾクゾクしちゃうモモコでしたw

 

 

モモコ
「こ・・ここで??」

 

 

長谷
「うん、いや?」

 

 

断れないモモコ、そして絶対に忘れられない思い出として、
砂浜の上で二人はセックスをします。

 

 

夜空の下で、バックで挿れられてるシーンが美しいです。

 

 

長谷、ズボン半脱ぎでそのまま入れちゃって、
モモコは全裸にされていますw

 

 

翌日、何もなかったように別荘にもどる二人。
子供とプールで遊んでいるモモコ。

 

 

 

「あれ、モモコちゃん!背中に虫刺されいっぱいあるよ!」

 

 

でもそれは、長谷からの大量のキスマークの跡でしたw

 

 

 

ラブファントム10巻49話ネタバレ

 

49話は、小さい女の子の幽霊のお話。

 

 

長谷とモモコは順調に仲良くて、
ある日、ホテルに来ていた家族の子供たちをもてはやされることに。

 

 

しかし、そこに小さい子供は3人いたのですが、
いつの間にか1人増えて4人に。
増えた小さい女の子は不思議な子でした。

 

 

 

「仲良くね」

 

 

長谷とモモコの手を取り合ってあげる小さい女の子。
でも、その瞬間、消えてしまったのです。

 

 

二人の出会った38階の展望デッキで小さい女の子は消え、
長谷とモモコは不思議な体験をするのでした。

 

 

二人は同棲しています。

 

 

長谷
「じゃあ、小さいお客さんのご要望に応えて、仲良くするか?」

 

 

長谷は膝枕してもらっていて、
そのまま、モモコとキスをしています。

 

 

ソファの上でひざ枕しながら、
上から覆いかぶさるように濃密なキスをする二人ですw

 

 

モモコ
「じゃあって、何にかかるんです・・・??」

 

 

(ちゅ、ちゅ、ちゅ)と3回キスするシーンがかわいい!

 

 

49話のネタバレでした!

 

 

ラブファントム50話ネタバレ。

 

 

母の形見の指輪を見つめている長谷、
そして2人はウエディングのお仕事です。

 

 

そんな他人のウエディングを見て、
自分たちもいつなのかと、気になるモモコ。

 

 

そんなウエディングの仕事が終わった夜、
長谷はモモコに形見の指輪をプレゼントします。

 

 

「モモに持っていてほしい」

 

 

これ以上の幸せは嬉しすぎて、
何も返せるものがないと、謙虚なモモコ。

 

 

 

モモコ
「わたし、今、お返しできるものがないのが心苦しいよ・・・」

 

 

長谷
「じゃあ・・・少し、前返ししてもらおうかな・・・」

 

 

首筋にキスをしながら耳元で囁く長谷、
そして二人は熱い情事を始めます。

 

 

ベッドで脱がされて、恥ずかしいモモです。

 

 

長谷
「本当に、いいか・・・?」

 

 

モモ
「・・はい・・・」

 

 

二人の逢瀬のシーンは最高です!

 

 

長谷が上からキスをしてくれて、
そのまま初夜を迎えます。

 

 

 

次の日も、普通に出勤する長谷でした!

 

 

「みなさまお揃いで、おはようございます」

 

 

既に女性店員は全員、昨日の夜の事を百々子から聞き出していましたw

 

 

(なんか、視線が気になるな・・・)

 

 

昨日、エッチしたことがバレてるとは知らない長谷でしたw

 

 

 

ラブファントム10巻、53話のあらすじ

 

 

53話は相楽くんの片思いな話。

 

 

相楽くんは、モモコに絶頂片思い中で、
その想いがかなわないシーンの連続です。

 

 

ホテルに来た小野田くん、
彼はお菓子を作るパティシエで、
相楽くんと話しています。

 

 

そこにやってくるモモコ。

 

 

「いつもありがとうございます、小野田さんの作るお菓子は最高です!」

 

 

ホテルに納入するお菓子を作っている小野田さん、
そして、横にいる相楽くんは、
モモコの笑顔をみて、さらに惚れています・・・。

 

 

 

小野田
(あら〜、こりゃ相楽が惚れんのも分かるわ…)

 

 

モモコの満面の笑顔をみて、
彼女がとても素敵な女性だと思うのでした。

 

 

 

そして、そこにやってくる長谷です。

 

 

「あら、小野田くん」

 

 

「え・・・誰・・・」

 

 

一見、スーツ姿の長谷に気付かなかった小野田、
それは温泉でのキレッキレの体しか見てなかったからでした。
スーツ姿も最高な長谷、かっこよさにびっくりします。

 

 

 

一瞬にしてモモコは女性の顔になり、
長谷を見つめています。

 

 

それを見つめる相楽くん、
それはとても悲しそうで、切ない表情でした。

 

 

小野田
(こりゃ、勝てねーよ・・・)

 

 

でも、それでも恋の炎は燃やし続ける相楽くん、
長谷とライバル心バチバチですw

 

 

 

勝てない勝負でも、やっぱり好きだからしょうがないと言う相楽君でした。

 

 

「キツイし、しょーもないけど、やっぱ好きなんだ」

 

 

 

そんな相楽くんが煎れてくれたコーヒーが最高にうまいです。

 

 

 

パティシエの小野田くん、
彼の淹れるコーヒーに感動しています。

 

 

(彼女が長谷と結婚してしまったとき、君はどんなのを淹れるんだろう・・)

 

 

フラれても、笑顔で小野田君と話してくれる相楽君でした!

 

 

長谷とモモコは二人で帰っていきます。

 

 

52話のネタバレでした!

 

 

 

ラブファントム10巻のあらすじ(二人の休日・夏編)

 

 

10巻の最後は短編です。

 

 

二人の夏休み、
長谷の自宅の縁側でモモコは洗濯物を干しています。

 

 

 

お風呂から上がってきた長谷、
腹筋がキレッキレに割れていてカッコイイ!!

 

 

モモコ
「はい、かき氷!暑いのでいかがかと〜」

 

 

風鈴がチリリンと鳴る縁側で、
二人は仲よくかき氷を食べています。

 

 

甘酒を凍らせて作ったかき氷、
とてもおいしそうです。

 

 

「甘酒を凍らせて・・・うちのカフェの真似してみました♪」

 

 

ぱくぱく食べて止まらない二人、
食べすぎたモモコはくしゃみをします。

 

 

「はっくしょん!」

 

 

すると、抱き寄せてあげる長谷です。

 

 

「少し冷えたから、こっちおいで」

 

 

そのまま縁側でキスをして、
チュッチュしながらラブラブの二人でしたw

 

 

「もう、このまま冷えてお腹こわしちゃいますよ」

 

 

エッチした後は、二人で仲よくお腹をこわしていますw

 

 

以上、ラブファントム10巻のあらすじでした。

 

 

10巻は49話〜53話までの掲載です。


ページの先頭へ戻る