「けだもの図鑑」ネタバレ。はるこの作品が激ヤバ!11話「伸ばせ!タケノコ」は無料で読める♪

nobasetakenoko

漫画「けだもの図鑑 発情カレシの欲求」が面白い!
「酒と恋には酔って然るべき」美波はるこの最初のころの作品は
とても下ネタエロスで、タケノコがきっかけでイケメンとイイ感じになるストーリーです。

 

 

竹やぶに囲まれた古いアパートに住む
普通のOL、鶴川さん。
台所の床からいきなり出てきたタケノコが卑猥です。

 

 

隣のイケメンさんが来てくれて
タケノコにまたがって折ってみようとしてくれます。
すると、股間から伸びるデカイタケノコがエロく見えちゃうんです。

 

 

巨根のタケノコにまたがって、
タケノコをさするシーンが、さらに卑猥ですw

 

 

ヤラしいこと想像してドキドキしちゃった鶴川さん
その後はイイ感じになって結合する二人です。

 

 

イケメン
「ここにもタケノコが生えてきたんだけど・・・」

 

 

ズボンがモッコリなってる部分を見せる隣人、
主人公の鶴川さんも久しぶりに興奮しちゃうのでした。

 

 

「そこ、いい、あ・・・」

 

 

布団でエッチなことをしていると、
その目先には新しいタケノコが床から・・・w

 

 

「ここにももう一本生えてるんだけど・・・」

 

 

(パンパン、んっ、すごいね…)

 

 

生えるタケノコを見ながら、
バックで突かれているシーンがエッチで面白いですw

 

漫画はU-NEXTで無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

 

漫画「けだもの図鑑 発情カレシの欲求」11話「伸ばせタケノコ!」のネタバレ。

ネタバレ含みますので注意して読んでください。

 

 

登場人物

 

 

鶴川さん…OL、20代後半

 

 

隣人…美大生のイケメン。

 

台所からいきなり床を突き破って出てきたタケノコ、
アパートの周りは竹林で、
1Fに住んでいる彼女はびっくりしています。

 

 

「竹やぶに囲まれているからって、こんなことある?」

 

 

そして次の日には、
さらに20センチ以上も成長していて慌てふためくのでした。

 

 

「ギ、ギエェエエエ!」

 

 

そんな叫び声にびっくりした隣に住んでいる大学生、
彼はイケメンだけどちょいと天然キャラです。

 

 

イケメンくん
「あの・・・スゴイ声聞こえましたけど・・・」

 

 

様子を見に来てくれた彼に、
台所に生えたタケノコを見せると、
あまりあわてた様子を見せない彼。

 

 

(あっ、以前から気になっていた隣に住んでいるイケメンだ♪)

 

 

台所に入ってきてくれて、
タケノコの様子を見てくれます。

 

 

「ちょっと、ゆすってみるね(ユッサユッサ)」

 

 

タケノコにまたいでゆするシーンがエロスです。
またいだまま、さすって優しくタケノコに微笑みかける彼。

 

 

「まぁ、スゴイ生命力だねぇ、こんなところを突き破ってくるなんて…」

 

 

(はぅっ、イケメンの股間からタケノコがっ!)

 

 

実は、彼の部屋にもタケノコが生えてきたというので、
彼の部屋に行き、様子を見に行くことに。

 

 

「実は俺の部屋にも生えてきてて、見に来ます?」

 

 

彼の部屋にああると、彼は美術大学の学生でした。
そしてちょっと天然キャラでした。

 

 

「わぁ、すごいね、で、タケノコはどこから…?」

 

 

「ここだよ」

 

 

と自分の股間を指さして、手を入れてモッコリしてるシーンを見せる彼、
ドン引きしてしまう鶴川です。

 

 

「なんちゃって!ポケットから入れてた手でしたぁ」

 

 

そして、告白モードに、
実は美大生のカレも、彼女のことが気になっていたと言います。

 

 

「実は前から気になっていたんだ、話すきっかけがあればと思ってた」

 

 

「ちょっと、先走りが出てしまって…」

 

 

ちょいちょい下ネタを入れてくる彼、
引きながらもイケメンなので、いい雰囲気に。

 

 

翌日、ちゃんとノコギリでカットしてあげて
台所の床も応急処置してあげる彼です。

 

 

そのお礼として、タケノコご飯を作ってあげる鶴川でした。

 

 

「あの、先日頂いたタケノコでご飯を作ってまいりましたので…」

 

 

そしてイイ感じになってキスをします。
下ネタが、和らいでくれて仲良くなって急接近したのでした。

 

 

「またタケノコが生えてきたんだけど…部屋に上がって見ない?」

 

 

また下ネタかと思いきや、
彼の家には2本目のタケノコが生えてきています。

 

 

「ほんとだ、私はまたあの時の下ネタかと…」

 

 

「はは、でも、今回は本当のお誘いだよ、前からきになっていたんだ」

 

 

こうして2人は結ばれます。

 

 

後ろから前からと、「パチュパチュ」やられちゃうのです。
すると、3本目のタケノコが床から生えているのを発見する鶴川。

 

 

「あっ、こんなところからもタケノコが顔を出してるよ」

 

 

彼は夢中でバックからパンパンしてくるのでした。
太い反り立ったタケノコを見ながら、
後ろから入れてもらう鶴川です。

 

 

「あっ、こんなとこからもタケノコが突き上げてきてる」

 

 

 

「ん?ここを突き上ればいいの?」
(パンパン)

 

正面になって、さらに突き上げてくれるカレシですw
最後はバックで胸を揉まれて、
タケノコを見ながらイってしまう二人です。

 

 

ちょっと天然なやり取りでしたが、良いエッチができたのでした。

 

 

以上、けだもの図鑑 欲情カレシの欲求「伸ばせタケノコ!」編でした!


ページの先頭へ戻る