【エロスの種子】ネタバレ。ススキノ泡姫が激ヤバ!21話「バブルダンサー」は無料で読める♪

erosunotane21

エロスの種子の最新21話「泡姫〜バブルダンサー」が面白い!
男性で大きいイチモツを持っている方ほど
このソープ嬢との純粋な恋愛ストーリーは読んでみる価値があります。

 

 

大きいイチモツを持っていながらも
女性に傲慢になってしまって、今はモテナイ男、菅田。

 

 

風俗嬢のマキはカラダも癒してあげながらも
彼の悩みを聞いてあげてくれます。

 

 

マキはソープの一室で気持ちのこもった結合です、
そして2回目は二人で同時にイっちゃいます。

 

 

「女性のモノって、伸縮自在なのよ♪」

 

 

とても気持ち良かった菅田、
もっと話をしたいから
外でも会いたいと言います。

 

 

マキもとても感じてしまって
笑顔で応えてあげるシーンが優しいです。

 

 

「うん、聞いてあげるわ、別料金で♪」

 

 

モテない男、
菅田がナンバーワンソープ嬢とカラダも心もつながるところが最高です!

 

 

 

エロスの種子の21話「泡姫・バブルダンサー」は
U-NEXTで無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
本ページの情報は2020年11月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

 

グランドジャンプ18号で検索、
無料期間中だと600円分のマンガが無料です。

 

 

【エロスの種子】の最新21話が掲載されています。

 

 

エロスの種子21話「泡姫(バブルダンサー)」のあらすじ

ネタバレ含みますので、注意して読んでください。

 

 

 

登場人物

 

 

マキ…ススキノのソープランドで働く泡姫。
   顔出しで写真掲載もOK。

 

 

菅田…風俗情報誌の仕事をしている。
   マキへのインタビューと写真撮影で出会う。

 

 

 

マキはバリバリの風俗嬢、
菅田のインタビューには顔写真の掲載もOKしています。

 

 

「いいんですか・・、顔も載せてしまって・・・」

 

 

「いいのよ、その方がお客さんも多く来てくれるし」

 

 

気楽な性格の泡姫、マキは美人で
それでいてスタイルも良い人気ナンバーワンのソープ嬢です。

 

 

 

この仕事のどういうところが好きなのかを聞く菅田、
するとマキは偉い人も、そうでない人も
全員が自分の前ではハダカになってくれるからだと答えます。

 

 

「スーツを着たカッコイイ男性も、裸になればみんな一緒、私に翻弄されるのよ」

 

 

お金持ちの人も、バイト代貯めて来た若者も、
お客様みんなが自分をさらけ出してイってしまうところが好きなんだと、
基本エッチが大好きな風俗嬢・マキです。

 

 

菅田はインタビューを続けます。

 

 

「じゃあさ、嫌いなお客様のタイプってどんな人なの?」

 

 

マキ
「アソコがデカイ人かなw」

 

 

ギクっとする菅田、実は菅田はイチモツがデカイです。

 

 

なぜかと聞くと、それは「女性に対しての思いやりがないから」と言うマキ。

 

 

「なんであそこのデカイ男の人って自慢ばっかりするのかな、
女性の器は好きな人のサイズに合うように出来ているのに・・・」

 

 

菅田
「え!そうなの!?」

 

 

マキ
「そうよ、伸縮自在なの♪」

 

 

数日後、菅田はお客としてマキに会いに行きます。

 

 

「あら、こないだの・・・菅田さんだ」

 

 

 

菅田はアソコがデカイながらもモテナイ男でした。
なぜならば、傲慢になりすぎて、
女性の立場になって感じさせることを忘れてしまっていたからです。

 

 

マキは菅田の立派なモノを見て驚きます。

 

 

「あら・・・菅田さんのご立派・・・」

 

 

菅田
「僕は若いころ、自分本位ばっかりで女の子を傷つけてしまったんだ」

 

 

アソコがデカければ女性は感じるもんだと思い込んでいた菅田、
若いころに女性に嫌われてしまって、
それ以来、女性と付き合う事が出来なくなっていたのです。

 

 

マキは励ましてあげます。

 

「もう・・・湿っぽい話はナシよ♪」

 

 

彼女のテクニックが最高で、菅田は1回目をソッコー果ててしまいます。

 

 

マキ
「あら、1回目はスグだったけど2回目は頑張るわね」

 

 

そういうと、マキは菅田にまたがって
自分のあそこを彼のモノにあてがいます。

 

 

 

「あ・・・マキさん・・・」

 

 

「スペシャルサービスよ♪」

 

 

そう言って入り口で彼の大きなモノを少しずつ入れていきます。
彼女のあそこは伸縮自在でした・・・。

 

 

「大丈夫よ、ゆっくりと・・・慣らしていくから」

 

 

じらされているみたいで、たまらず感じてしまう菅田、
そしてマキの中にも大きなイチモツは入ってきます。

 

 

”ずっぽり”入ると、マキは馬乗りの状態で動きながら、
菅田はマキの胸をほおばりながら、2回目をイってしまうのです。

 

 

「菅田さんっ、すごくイイっ・・・」

 

 

菅田の大きなイチモツもすべて包んでしまうマキ。
スペシャルサービスが終わって、
優しく彼に微笑んであげるのでした。

 

 

「だから言ったでしょ、伸縮自在なのよ」

 

 

そんな優しいマキに菅田は惚れてしまいます。

 

 

「あのさ・・・外でも会えないな?すこし話したくて・・・」

 

 

そんな彼に笑顔で応えてあげるマキです。

 

 

「うん、いいよ、別料金だけどね♪」

 

 

ネオン街の中、風俗街の中でも
恋が芽生えてイイ感じになる二人でした!

 

 

エロスの種子の21話(2020年11月時点で最新話)は
グランドジャンプ18号に掲載されています。

 

 

U-NEXTだと無料で読めます。
マンガが600円分無料で、その後も40%offで読めるのもいい所。

 

 

エロスの種子は1巻〜4巻まで出ています。

 

 

今回の「泡姫・バブルダンサー」は5巻掲載予定です。


ページの先頭へ戻る