私の夫は冷蔵庫に眠っているネタバレ。孔雀が激ヤバ!最終話「ゴキブリ退治」の真実とは?

watashinoottohareizouko

「私の夫は冷蔵庫に眠っている」が続きが怖すぎて面白い!
エロティックな描写がありながらも
ストーリーがマジ怖すぎるこの漫画は最終話まで読む価値があります。

 

 

1巻3話で登場する孔雀のオバサンは、
亮と浮気をしているように思えますが、実は違います。

 

 

彼女の家に行って浮気していたのは勘違いで
逆に亮は双子であるという重大な秘密を知っています。

 

 

モンスター夫の亮は死に、
代わりに双子のやさしい弟・奏とイイ感じになった夏奈、
最終話(14話)では全てが覆されるように孔雀から暴露されコワイ結末です・・・。

 

 

 

孔雀
「まだ、あの倉庫のお片付けされてるの?」

 

 

全てを見透かしたように質問してくる孔雀のババア、
実は夏奈が殺したのは、夫の亮じゃないことを知っていますw

 

 

完全にイカレていたのは夏奈自身でした・・・。

 

 

実は「私の夫は冷蔵庫に眠っている」はU-NEXTで無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

600円分が無料で、
買えばさらに40%オフでオトクです。

 

 

さらに”マンガワン”というアプリでは1日2話ずつで、
最終話までが無料です。
(2021年4月30日まで)

 

 

「私の夫は冷蔵庫に眠っている」最終話(全編)あらすじ

ネタバレ含みますので注意して読んでください。

 

 

実は夫の亮は双子(一卵性双生児でソックリ)だったことが判明する2巻。
そして、孔雀のオバサンは
夏奈が殺すかなり前からその事実を知っていました。

 

 

孔雀
「彼が双子だと仮説を立てればつじつま合わせできるわ」

 

 

結婚当初から夏奈がいないとき、
隣人の孔雀と良く話していた亮、
しかし昨日の会話がなりたたない、そんなときがあったのです。

 

 

 

「どうやって2人が別人だって気づいたのですか?」

 

 

夏ごろから一人しかいなくなって
変だなと思っていた孔雀のオバサン。

 

 

 

さらに、彼女を浮気をしていたのは夏奈の勘違いです。
夫の亮は本当に孔雀の家でゴキブリ退治をしていました。

 

 

ゴキブリを追っかけている時に
テレビのリモコンを触って、
エロいDVDをあやまって再生してしまっていたのですw

 

 

 

それよりも、最後、気になる一言を言う孔雀。

 

 

孔雀
「それよりもさ、私はもう一人の優しい方を選ぶと思ったけどね…いろいろあるのね♪」

 

 

夏奈
「え、」

 

 

2人で話しているときに
向こうから夫がやってきます。

 

 

孔雀は”亮”(最初殺したはずのDV夫)と呼ぶのです。

 

 

「リョウ君、おめでとー!」

 

 

夏奈は亮は殺して、今は優しい双子の片方の方、
”奏”とやり直しているはず・・・、
そう思い込んでいるけど違うのです。

 

 

亮は夏奈の目の前で訂正します。

 

 


「やだな、オバサン、ずっと前から言おうとおもっていたけど、俺は奏ですよw」

 

 

混乱してしまう夏奈です・・・。

 

 

ミステリー作家で頭もキレる孔雀は間違えているはずもなく、
でも、その場をそれとなくやりすごすのでした。

 

 

孔雀
「あらま、私もボケてきちゃったかしら・・・」

 

 

「私の夫は冷蔵庫に眠っている」最終話(後編)ネタバレ

 

 

それからしばらく時が過ぎます。

 

 

ある日、とても気になって眠れない夏奈、
起きて隣で寝ている”奏”に確認します。

 

 

奏(亮かどっちかもうわからない)
「どうしたの?」

 

 

「畳の下に埋められてる亮が
はいずり出てくるの・・・カラダを半分削られた亮が・・・!」

 

 

 

幻覚を見ている夏奈、
しっかりしろと元気づける奏です。

 

 

でもそこにいるのはもはや奏ではない・・・
もしかしたら亮が奏を殺して、
優しい性格を装っているだけかもしれない。そう思うのでした。

 

 


「しっかりしろ、俺たち子供も出来たろう、結婚もしたし大丈夫だ」

 

 

実は夏奈、妊娠をしているのでした。

 

 

奏はこの家にいると夏奈がダメになると思い、
引っ越すことを提案します。

 

 

「オレ達、亮から解放されるためにこの家を出よう」

 

 

一生懸命に夏奈を励ます奏、
でも疑った心はそのままでした。

 

 

孔雀があの時言った、
奏を見ながら「亮くん〜」のシーンが忘れられないのです。

 

 

 

夏奈
「あの・・・本当はあなたはどっちなの?」

 

 


「オレは・・・・」

 

 

そうして、朝を迎えます。
ふと目が覚めると畳の上に寝ている夏奈です。

 

 

台所では実母が料理を作っています。
そして子供が生まれているのです。

 

 

「ほぎゃ、ほぎゃ」

 

 

台所にいると母が自分の子供を面倒見てくれています。

 

 

夏奈の母
「もう、早くこっち来て、いつまでも泣き止まないんだから」

 

 

台所にいくと赤ん坊は二人でした。
双子の赤ちゃんを産んでいる夏奈でした。

 

 

そして・・・、奏は居ません。
母も、奏のことを聞いています。

 

 


「引っ越したと思ったらすぐ戻って、そして奏くんはどこに行ってるの?」

 

 

あの冷たい母親が子供に一生懸命ミルクをあげています。
それを、冷たいまなざしで見つめる夏奈。

 

 

夏奈
「フっ、まさかあの母が子供が好きとはねw」

 

 


「もう・・・あんたのダンナはいつ帰ってくるのよ」

 

 

そして、畳の上(その下は亮と奏が夏奈に殺されて眠っている)に
双子の子供を寝かせる夏奈でした。

 

 

夏奈
「ははっ、双子はずっと一緒じゃなきゃダメよ・・・」

 

 

畳をさすってうすら笑う夏奈です。
表情が激コワですw

 

 

漫画「私の夫は冷蔵庫に眠っている」は
絵がキレイだし、ちょっとエロスもあって面白いです。

 

 

とにかくストーリーが良いし
14話(単行本で2巻)で終わりなのですぐ読めます。

 

 

U-NEXTやマンガワンなどを使うと無料で読めます。
(U-NEXTは600円分、マンガワンは4話無料)


ページの先頭へ戻る