【シグルイ】4巻ネタバレ。三重がかわいい!16話「牙」は無料で読める♪

semisigure04

「シグルイ」4巻カラー三重の裸がかわいい!
ストーリーが一転して伊良子の復讐劇が始まって、
虎眼流の猛者どもが暗殺されていくシーンは読み応えがあります。

 

 

3巻では両目を切られて視力を奪われる伊良子、
虎眼流の道場からは追放されて
あれから3年の月日が流れています。

 

 

4巻の新章ではドSのお殿様が女と好き放題です。
お殿様とエロスなシーンで
まだ若い生娘がビクビクしながら裸です。

 

 

みどころは盲目になった伊良子が
8人の虎眼流の人間を一人ずつ暗殺、復讐していくシーン。
最後は盲目でも恐るべき強さの秘密がわかります。

 

 

漫画「シグルイ」4巻はU-NEXTで無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
本ページの情報は2021年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

以下、シグルイ4巻のあらすじです。
ネタバレ含みますので注意して読んでください。

 

 

シグルイ4巻のネタバレ16話「牙」

 

 

徳川忠長はドSのとんでもない殿様です。
駿府城を与えられて、
たくさんの領土も与えられたうえに好き放題、誰も逆らえません。

 

 

なぜなら”徳川”の血を引いているから。
そして奥室は毎日のように若い女性を用意しています。

 

 

「殿に粗相のないように」

 

 

殿が寝るところに初潮を迎えたばかりの若くて美人の娘は
身をキレイにして待っています。
殿の相手をするために三つ指ついて土下座状態です。

 

 

さらに忠長は現れるやいなや彼女の頭を踏みつけます。
涙を流しながら殿の相手をする若い女性です。

 

 

そんななんでもヤリタイ放題の
駿河の領土には荒くれ者が集まって来ます。

 

 

それは、腕っぷしさえ良いならば
悪人さえも雇うといううわさが広まっていたからでした。

 

 

雇ってもらうために各地から
とんでもない悪人たちが徒党を組んでやってきています。

 

 

そこには虎眼流のすごさを知らずバカにする者たちも。

 

 

悪党ども8人が飯屋で虎眼流をバカにしています。
すると、それを通りがかりで聞いていた
15歳の虎眼流門徒が立ち向かいます。

 

 

涼乃介
「もういっぺん申してみよ!」

 

 

涼乃介は虎眼流の立派な門徒です。
15歳ながらも才能を認められ、いっぱしの腕前です。

 

 

目にもとまらぬ速さで一人の悪党の首をはねると
残りの7人はすぐさま戦闘態勢に、
さすがに15歳の少年は取り押さえられます。

 

 

後日、決闘を言い渡された涼乃介は
道場に帰り、師範に伝えると指定された場所に行く藤木源之助。

 

 

藤木は伊良子とサシで勝負する主人公です。

 

 

素手で7人の相手をする藤木でした。
彼は悪党をあっという間に倒します。

 

 

一人だけ生き残して虎眼流のすごさを噂させます。

 

 

しかし次の日、15歳の少年は何者かに暗殺されます。
道場の屋根裏天井(伊良子が一度登ったところ)に
首を切られて首だけ置いてあるのです。

 

 

藤木
「す、涼之介!!」

 

 

涼之介の首を発見した藤木、
これが誰の仕業(伊良子ですが)か今は分かりません。

 

 

胴体は竹林にあり、
かつて伊良子が修行をしていた場所でした。

 

 

虎眼流の師範(3番めに強い)は犯人を捜します。
とりあえず、この町で一番強い一刀流の浪人の所へ。

 

 

虎眼流で3番目の”宗像新八郎”が向かいます。
彼はとても強く、カラダもキレッキレです。

 

 

一刀流の浪人を訳もなく倒すのですが、
その帰り道に伊良子清玄が橋の上で立っています。

 

 

杖をついて障がい者のような感じ・・・。

 

 

霧の中、杖をついて物乞いをしているように見える男、
しかしそれは杖ではなく刀でした。

 

 

師範代の凄腕の新八郎はスグに
こいつが真犯人だと察知します。

 

 

倒そうとするのですが、一閃、目にも止まらぬ速さで
身体を真ん中から真っ二つにされてしまうのでした。

 

 

次の日、涼之介と同じように
首ひとつになって橋の上に見せ物にされていて
竹の刀を咥えさせられて晒される新八郎の首。

 

 

彼は伊良子にかつて竹の刀をもたせ、
先生に勝たせないようにした門徒でした・・・。

 

 

伊良子の復讐劇が激コワです!

 

シグルイ4巻ネタバレ18話「蝉しぐれ」

 

 

15歳の少年が殺されてから10日、
さらに一人の内弟子が暗殺されます。

 

 

一番かわいがっていた内弟子は
少年の事を思い出しながら
夜な夜な一人で外へ出て自慰行為をしています。

 

 

そこへ現れる伊良子清玄、
幽霊のように立っていると、それに気づく内弟子。

 

 

しかし、かなり遠い間合いから真っ二つに切り裂かれると
彼もまた首一つにされて晒し者にされるのでした。

 

 

このとき、伊良子清玄は一人ではなく、
サイドに女一人とカラダの大きい男が一人、
合計3人で虎眼流に復讐をしています。

 

 

シグルイ4巻ネタバレ19話

 

 

ここまで来て、虎眼流の師範もみんな
この仕業が伊良子清玄によるものだと分かってきます。

 

 

藤木
「この犯人、伊良子清玄かと…」

 

 

口の裂けた師範代はまだ疑っています。
なぜならば伊良子は目が見えない盲目だからです。

 

 

そんな男に屈強な虎眼流の弟子たちが死ぬなど、
まだ認めたくなかったからでした。

 

 

しかしながら警戒して動けと命ずると、
残りの内弟子2人はタッグになって探します。

 

 

ある日、戦闘に一人で入る虎眼流の弟子、
カラダの大きい男は油断しています。

 

 

銭湯に入っている一般人たちはみんな道を開けます。
すると一人だけ湯船につかっている長髪の男・・・。

 

 

伊良子清玄でした。
気が付くとお湯の中から刀が一閃。
カラダの大きい内弟子は銭湯で死にます。

 

 

残りは一人の内弟子。
ネタバレですが、彼は裏切り者です。

 

 

盲目の人間たちにお金をもらって情報を流していた内弟子、
かれは藤木に殺されてしまいます。

 

 

とうとう3人になってしまいます。

 

 

伊良子は盲目ながらずっと修行をしていました。
藤木、牛股師範代、岩本虎眼(ボス)

 

この3人になって4巻は終わりです。

 

 

4巻が一番面白いかもしれません、
伊良子の復讐劇、読んでいてスカッとしてしまいました!

 

伊良子は1人で立ち向かっているのではなく
二人の協力者がいます。
1人は女です。(乳首を切られた美人)

 

 

また、イーブックジャパンでは1巻〜3巻が無料。
本棚でよみやすく、ずっと保存できるんで便利です。
↓↓↓


ページの先頭へ戻る