「明日カノ」ネタバレ。萌がドハマり!ホスト編7巻は無料で読める♪。

asukano

マイペースなぽっちゃり萌がかわいい!
3万の予算で彼女代行のバイトをするために
コーディネートとヘアーサロン、二重のりで大変身です。

 

 

「もっと楓に会いたい・・・」

 

 

7巻ではホストにちょくちょく通ってハマってしまい、
どんどんお金が必要になっていく萌です。

 

 

「君なら1日4万は稼げるよ!」

 

 

いつもはスルーするスカウトの声ですが
彼女代行のバイトが1ヶ月後からだと言われると
萌は自分からスカウトに声をかけるのです。

 

 

(支払いが間に合わない・・・)

 

 

その日からホテトル嬢になってで4万をゲットする萌です。

 

 

「うぃーいらっしゃいませー!」

 

 

そしてお金が余るとホストクラブへ。

 

 

すると”被り”の指名重複の女が楓を独占しています。

 

 

思ったように楓くんがテーブルに来てくれず、
つい、5万ものボトルを入れてしまうのです。
オールコールがヤバいですw

 

 

「グイグイよしこい!姫から一言!」

 

 

楓くんが肩を抱きよせてくれます。

 

 

「す・・・すきです・・・!」

 

 

だけど被りの女はもっと高いシャンパンを・・・。
結局、アフターまではしてくれなかった楓。

 

 

ホテトル嬢として収入が増えていくと
ホスト通いも回数増えてボトルもエスカレート。

 

 

ホストクラブで、35万円の伝票・・・
だけど楓くんがアフターでキスしてくれて
さらにハマっていく萌が激ヤバです!

 

 

漫画「明日、私は誰かのカノジョ」7巻はU-NEXTで無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
本ページの情報は2021年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

以下、7巻のあらすじです。
ネタバレ含みますので注意して読んでください。

 

 

「明日、私は誰かのカノジョ」7巻(可愛く変身、ホテトルになる萌)

 

 

6巻でとうとう楓くんとアフターデート。
一人の女性として大事にしてくれる楓くんを
萌は本当に好きになってしまいました。

 

 

だけど生活費のための親の仕送りに手を付けてしまって焦ってしまいます。

 

 

(こないだ3万送ってもらったばっかりだし・・・)

 

 

「そうだ!リナの友達、あの子に聞いてみれないかな」

 

 

そのとき、”彼女代行”の仕事をしていた
”雪”という女性を思い出し、友達のリナに紹介してもらう萌です。

 

 

 

 

リナと雪と3人でお茶をしながら相談すると、
雪は厳しい一言です。

 

 

「萌さんのその服とメイクだと厳しいと思う・・・」

 

 

雪は優しいけれど冷静でズバっという女性です。

 

 

いつもエスニック風の洋服に
頭のてっぺんでダンゴのように結んでいる髪型。

 

 

大仏のような感じでホストクラブでワンセットで帰るので
”ワンセット大仏”とホスクラ掲示板に書き込みされています。

 

 

「そ、そうだよね・・・、ありがとう!」

 

 

恥ずかしくなってあわてて帰ろうとする萌を引き留めるリナ、
アドバイスをして変身させてあげるのでした。

 

 

「ようするに、男性ウケするようにコーデすればいいって事でしょ?雪ちゃん」

 

 

「う・・・うん・・・そうだね」

 

 

こうして萌はリナによって大変身されられます。

 

 

予算3万で男ウケする洋服に、
そしてヘアーサロンでかわいい髪型、
さらに二重のりで目がぱっちりで見違えるほど可愛くなります。

 

 

帰る電車の窓で自分を見続ける萌、
自分じゃないみたいで恥ずかしくなってしまいます。

 

 

(どうしよう・・・ずっと鏡を見てしまう・・・)

 

 

すると駅のホームで初めて男のスカウトに声をかけられます。

 

 

「こんにちは!夜系の仕事どう?君なら一日4万稼げるよ!」

 

 

「えっ、あっ・・・いえ大丈夫です・・・」

 

 

焦って逃げる萌でした
スカウトの人に声をかけられるのは初めて・・・、
そしてこのカワイイ姿を見て欲しくなって楓のホストクラブに行きます。

 

 

「も、萌ちゃん・・・?」

 

 

すると楓くんはびっくり。
楓くんにカワイイと言われ褒められとても嬉しい萌。

 

 

だけどその日は楓が忙しく、
なかなか楓くんがテーブルについてくれないです・・・。
さらに楓と指名するライバルの女性も来店です。

 

 

すると化石ホストで万年ヘルプの七星くん、
絶妙なタイミングでボトルを説明します。

 

 

「もし余裕があったらなんだけど、5万からのボトルだとコールがつくんだ」

 

 

これから彼女代行のバイトを増やすし・・・
親からの仕送りも返しながらやっていけるはず・・・

 

 

キレイに変身した萌は彼女代行のバイトをアテにして
5万のボトルを先に入れてしまいます。

 

 

 

「そうね、じゃあ・・・アスティおねがい」

 

 

すると楓も戻ってきてくれて
ホール内のホストが集まってきてくれて
お祭りのように声をかけてくれるのでした。

 

 

「ウィウィ!イッツショータイム!姫から一言!」

 

 

もちろん、楓くんは隣に来てくれていて
肩を抱き寄せてギュッと引き寄せて
耳もとでささやいてくれます。

 

 

「楓ちゃん・・・僕のこと好き?」

 

 

「す・・・・すきです」

 

 

楓くんはキスできるほど顔が近いです。
お酒も入って可愛くなって、
少しハイテンションでとても楽しくなる萌でした。

 

 

(アスティ入れたし、今日も終わってご飯行けるのかな・・・)

 

 

そう思って楓と飲んでいると、
楓は呼ばれたから他の卓に行ってしまいます。

 

 

「ちょっと呼ばれたから、行ってくるね」

 

 

それは”被り”と呼ばれる他の指名の女の子が
萌よりも高いシャンパンを入れていたからでした。

 

 

もっと華やかに向こうのテーブルでオールコールがかかります。
負けずに、被りの女の子もマイクで言うのでした。

 

 

「私も楓が好き!」

 

 

とうとうその日はアフターしてもらえず、
ヘンな気持ちで家に帰る萌でした・・・。

 

 

(ああ・・・今頃あの女の子と・・・)

 

 

裸でエッチしていることなんかを想像してしまって、
居ても立っても居られずに眠っちゃう萌です。

 

 

そして次の日、彼女代行の面接です。

 

 

ココでショッキングなことを言われます。
かわいく変身したので、面接には合格する萌でしたが、
SNSトレーニングなど、実際は1ヶ月後のバイトなんです。

 

 

「いろいろトレーニングをして、彼女としてのデビューは1ヶ月後くらいです」

 

 

「え・・・」

 

 

それじゃいろいろ間に合わない、
せっかくここまでしたのにお金が間に合わない・・・
彼女代行のバイトを断る萌でした。

 

 

高給日払いと聞いていたからシャンパン入れたのに・・・
ちょっと話が違う展開に。
落ち込んで駅のホームにいるとスカウトが話しかけてきます。

 

 

「お姉さん、今の稼ぎに満足してますか?」

 

 

そんなスカウトに引っかかる萌です。
ホストで5万を使ってしまったので生活費、
今後の支払いのためにお金がいるのです。

 

 

「私でも、一日4万円、稼げますか?」

 

 

「もちろん!」

 

 

笑顔で応えるイケメンのスカウト、
するとスカウトは車で他の人が来るから
ココで待つように伝え、去っていきます。

 

 

「3分くらいでスタッフが来るから待っててね!」

 

 

しばらくして待っているとバンに乗った
中太りの兄さんがやってきます。
その人は風俗の担当者でした。

 

 

「お待たせ!じゃあ事務所に行きましょうか♪」

 

 

優しい笑顔の中太りのお兄さん、
事務所にいくとホテトルの説明です。

 

 

つまり、ラブホテルを回って、
男の人にエッチなサービスをするのです。

 

 

心臓が高鳴ってドキドキしながらも、
サービスメニュー(口でとか、ス股とか)を見ながら
説明をトントン拍子でされていき、流されていく萌。

 

 

「若いときの稼げるときに稼ごうよ、ねっ」

 

 

中太りのお兄さんと一回、
裸になって講習を受けます。
そしてその日にホテトルになる萌でした。

 

 

「痛い・・・最後のオジサン、ちょっと乱暴だったな・・・」

 

 

何人ものお客さんとホテルで寝て
4万円をゲットする萌、
でも気持ちはとても寂しくなります。

 

 

(わたし、こんな思いして楓くんに会いたいんだろうか・・もう終わりにしよう)

 

 

最後に一回だけ電話をかける萌です・・・、
出なかったらそれであきらめよう、
10回ほどコールして切ろうとした瞬間、楓が電話に出てくれました。

 

 

「萌ちゃん?電話してくれるなんて2回目だね!どうしたの?」

 

 

「いや、、なんでもないの、ありがとう」

 

 

泣いている様子がわかった楓、
優しい声をかけてくれるのでした。

 

 

「何かあったらいつでも話聞くからね」

 

 

楓の声をきいて元気になった萌、
そしてもっとホテトルの仕事を入れていき、
たくさんのお金を稼ぐようになります。

 

 

化粧品もデパートで買うようになり、
整形もするようになるのでした。

 

 

ある日、ユアと街で待ち合わせすると
ユアは大変身した萌にびっくりします。

 

 

そして意気投合してホストクラブに2人で行くことに。

 

 

さらに萌もラストまでいることになり、
お金を35万以上も使ってしまいます。

 

 

だけど楓とハルヒとユアと4人でボーリングアフターして
とても楽しいひとときを過ごすのでした。

 

 

(みんなが見てる・・・こんなの初めて・・・)

 

 

街中をイケメン2人と仲良く歩いているのです。
誰もが自分を横目で見ていきます、
となりにいる楓の笑顔が最高でした。

 

 

ユアとハルヒと別れて
楓でと二人だけで一緒に歩いていると
楓は出会った神社に誘います。

 

 

「萌ちゃん、もう少し時間ある?」

 

 

そして楓は出会った頃の話をしてくれます。

 

 

「あの頃は夏だったね」

 

 

「うん、もう遠い昔のことみたい・・」

 

 

それは萌がこの神社で泣いていて、
楓が店の外から飛び出してくれて会いに来てくれたこと。
あれから半年がたっていました。

 

 

楓は今日ラスト(ボトルもいれた)ことや
いつも来てくれることに感謝します。

 

 

萌も、楓のことは好きですが、
ただのホストの客とホスト、冷静に
楓は仕事として私に接してくれているとは思っています。

 

 

だけど、楓が急接近してきます。

 

 

「萌ちゃん、俺のこと、まだ好きでいてくれてる?」

 

 

「も、もちろん!」

 

 

すると萌のマスクを取ってキスを。
さらにギュッと抱きしめてくれるのです。

 

 

「萌ちゃん・・・誕生日いつ?」

 

 

誰もいない神社でキスをする萌と楓、
萌はドキドキが止まりません。

 

 

「4月・・15日・・・」

 

 

「じゃあ、その時はお祝いさせてね」

 

 

「か・・楓はいつなの?」

 

 

「実は俺も近いんだ、4月9日」

 

 

「私もお祝いさせて!」

 

 

こうして、萌はさらにホスト楓にドハマり、
楓の誕生日ために100万以上のボトルを入れることになるのです。

 

 

(楓のバースデーのために、ちょっと節約しなきゃ)

 

 

いつもはデパートコスメで化粧品買う萌、
だけど今日はドラッグストアに行きます。

 

 

すると久しぶりに”バサやん”に出会うのです。
かわいくなった萌にびっくりするバサやんです。

 

 

「も、萌さんすごく雰囲気変わりましたね」

 

 

超イケメンのバサやんから好意的にされても、
ちょっと拒絶しちゃう萌でした・・・。

 

 

7巻はここで終わりです。
8巻でホスト編はラストを迎えます。

 

 

ネタバレですが、萌は立ち直ります。
少しずつ変わっていく楓・・・。
実はナンバーワンになり、整形するのです。

 

 

ホストに金を使いきって借金まで・・・
大学を辞めて実家に帰ることになる萌です。

 

 

ユアはさらにドハマりし続けます。
そんなユアの物語も面白いです!

 

 

以上、明日カノ7巻のネタバレでした。


ページの先頭へ戻る