悪魔だった君たちへネタバレ。17話が激ヤバ!バッファローゲームは無料で読める♪

akumadattakimitatihe

漫画「悪魔だった君たちへ」の17話が面白いです。
バッファローゲーム(指先を角のようにして胸の先端でつつくゲーム)で
彩音が上半身裸で椅子に座っています。w

 

 

「見事この先端を突くことが出来たらあなた達を救ってあげるわ」

 

 

巨乳な彩音は高校生の頃に再婚した母の相手から
ずっと内緒で抱かれ続けてきました。
もてあそばれた彩音、復讐です。

 

 

練炭で意識がもうろうとしている義父を
椅子に縛って
上半身ハダカで自分の胸を見せています。

 

 

「クソ・・・最後にあと一回だけあの胸でやりたかったな」

 

 

練炭で酸素欠乏状態なのに
最後までエロな下田の父です。

 

 

そしてまだ高校生の下田は
美人で巨乳の彩音の指示通りに
下を向いて指を立ててバッファローの格好です。

 

 

17話の最後、胸の先端に見事突撃すると
なんと母乳が出てしまう彩音でした。

 

 

義父
「お、オレの子を妊娠してたのか・・・」

 

 

怒り心頭の母は暴れるけれど
さらに練炭で気絶しそうです。
こうして下田一家は一家心中することになります。

 

 

ラスト、なぜだか下田は下半身を彩音に咥えられて発射ですw

 

 

17話は久しぶりに面白いし、
下田の家族が一家心中、自分だけ生き残る理由がわかります。

 

 

漫画「悪魔だった君たちへ」はU-NEXTで無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
本ページの情報は2021年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

以下、17話のあらすじです、
ネタバレ含みますので注意して読んでください。

 

 

「悪魔だった君たちへ」17話「バッファローゲーム」ネタバレ

 

 

「さぁ、バッファローゲームよ」

 

 

上半身を脱いで狂った義姉、
義父と母を椅子で縛って二人は気絶しそうです。

 

 

なぜなら練炭を炊いていて
窓は締め切っているからでした。

 

 

最後に救う手段として、
弟の下田をバッファローにして
みごと胸の先端を当てたら助けてあげると言います。

 

 

「ば、バッファローゲーム??」

 

 

「そ、っそうよ」

 

 

彩音は椅子に座って上半身を脱いでいます、
幸太(下田)は後ろから支えています。

 

 

バッファロー役は幸太だと言い、
自分の胸の先端に下田の指先が当たれば、
父と母を死なせずに助けてあげようというのです。

 

 

「ぅぅ、なんてバカバカしい・・・」

 

 

練炭で酸素欠乏症になりながら
今にも気絶しそうです。

 

 

「意識がしっかりしているうちにさっさと始めよう」

 

 

どっちに行くかを指示するのは父です、
下田は指を突き立て、
彩音の方向を向いてスタンバイします。

 

 

彩音の胸は大きくてキレイです。

 

 

「さぁ、前の見えない彼に指示を出してあげてね」

 

 

父は彩音の胸を見ながら、
あと一回やっておけばよかったなぁと思いながらも
幸太を指示しているのでしたw

 

 

「ほらっ、もっと右!そう、そのまままっすぐ!」

 

 

しかしながら幸太も
酸素が足りなくなってフラフラです
頑張って彼女の胸の先端に突撃します。

 

 

「行けっつ、幸太ぁー!」

 

 

父が指示を出すとおりに突撃すると、
見事に彩音の胸の先端でした。

 

 

下からの彼女の大きな胸のアングルが最高です。

 

 

”プニっ”と彼女の胸とつつくと、
ビクっと感じる彩音、
するとなんと母乳がプシャァっと勢いよく出てしまいます。

 

 

「えっ、ま、まさかあなた・・・」

 

 

彩音は義父の子を妊娠していたのでした。

 

 

「どうせあなたはおろせっていうでしょう、私には無理よ」

 

 

縛っている父は、
みんなで育てようと焦りながら言います。

 

 

だけど、彩音はその場しのぎの言い訳など
聞きたくもないのでした。

 

 

そのまま練炭を炊いて、
バッファローゲームは何の意味もない
みんなで一家心中ですw

 

 

「一応ゲームは価値だから、手足のロープは外すわ」

 

 

意識が遠のき、反抗する力もない義父と母、
みんなで手をつないで
食卓のテーブルに覆いかぶさるのでした。

 

 

しかし一家心中と見せかけて、
幸太と彩音は生き残るようにしています。

 

 

それはテーブルの下に酸素吸入器を
仕込ませていたからです。

 

 

彩音
「これで計画通り、二人は自殺に見えるわ」

 

 

彩音の復讐は
好き勝手に自分のカラダをもてあそばれた義父と
見てみぬふりの母への復讐でした。

 

 

「姉さん、いつまでそんなことつづけるの?」

 

 

今まで姉に従順だった下田、
ここで変貌します。

 

 

下田は姉が密かに書いていたブログを見せます。

 

 

それには彩音自身が可愛そうで
同情を誘っていたブログでした。

 

 

「ブログで自分がかわいそうだと思われるのは良かった?」

 

 

姉は人から同情されるのが快感でした。
不幸な自分でしたが、
ブログでたくさんの人に見られるのが好きだったのです。

 

 

彩音は下田のズボンのチャックを下ろします。

 

 

「私たちならきっとうまくやっていけるわ…」

 

 

人の本性を見抜く力のある下田、
そして姉がカポカポと咥えるのでした。

 

 

姉さんの顔にたくさんぶっかけると、
彩音は泣きながら感謝して
テーブルにつくのです。

 

 

「ありがとう、分かってくれる人が出来て、私幸せだった」

 

 

最後に、下田の一家心中事件の真相が判明します。

 

 

結果、下田もテーブルについて
4人で心中するはずが
最後に一人、現れるのです。

 

 

下田は2重人格なのか、
もうひとり影の人間がいるのかがまだナゾです。

 

 

以上、漫画「悪魔だった君たちへ」17話のネタバレでした!

 

18話では下田の別にもう一人いることが判明、
それがわかってくるシーンです。

 

おそらく下田は二重人格でもありますが、
復讐を実行する裏の人間が別にもう一人いるという事になります。


ページの先頭へ戻る