【エロスの種子】7巻が激ヤバ!34話「バタフライ」シングルマザーとイケメンがМ!

エロスの種子7

イケメンからM字にされるシーンが恥ずかしい!
普段あまりHから遠ざかっているシングルマザーの方ほど
この7巻は読んでみる価値があります。

 

 

一人娘を育てるために
毎日仕事を頑張っていると、
久しぶりに昔のトモダチ(セフレ)に再会です。

 

 

久しぶりの交わりがとても気持ちよくって
M字にされちゃうシーンがステキ、
隣の部屋で寝ている娘にバレないように・・・。

 

 

 

「あっ・・・ユウキさんっ、生ヤバいっ」

 

 

口を抑えてもらいながらの
生での中に出してもらいます。

 

 

そのあとの生ビールで二人でカンパイ、最高ですw

 

 

漫画はU-NEXTで無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

 

以下、7巻のシングルマザーの夕貴の物語のあらすじです。
ネタバレ含みますので、注意して読んでください。

 

 

エロスの種子7巻の最終話35話のあらすじ

 

 

夕貴は娘が寝た後に
彼にソファの上でM字にされて奥深く入れてもらっています。

 

 

彼はTシャツは着たまま、
下だけ脱いで夕貴をM字にして半分逆さまに。

 

 

両手で足をつかまれて、
少し広げて丸見えです。

 

 

彼は奥まで入っているのでとても気持ちよさそう、
夕貴も声を出すのを必死にこらえています。

 

 

娘がおきないように、
彼はもう果ててしまいそうでした。

 

 

「ゆ、夕貴さん・・・もうダメっ、生ヤバい」

 

 

久しぶりの再会で、
娘が彼の子供だとわかって結婚した二人は
避妊する必要なんてありません。

 

 

まだ幼い娘がおきないように、
彼は口をふさいでくれています。

 

 

「んんっ・・・」

 

 

どぴゅっと出してもらって
ひと汗かいた後は二人で生ビールでカンパイです。

 

 

夕貴はドライな性格、
自分に恋愛は無理だと生きて来たけれど
同じく恋愛に不感症な彼との出会いだけが良かった。

 

 

彼はセフレで3年ぶりの再会だった、
娘は彼の子供、
隠していたけれど指のしゃぶり方でバレてしまった。

 

 

ある日、花束を持ってプロポーズしてくれた彼、
そして娘をもとに、
近しい人たちだけを呼んで結婚式をあげる二人です。

 

 

「あのとき、あなたに勇気づけられたのよ」

 

 

それは3年前に別れた時、
彼にウソをついていたことが許せなくて変わった夕貴。

 

 

経理の事務員から、ウェディングプランナーで
たくさんのカップルを喜ばせて
自分が変わっていった3年間だった。

 

 

「バタフライエフェクトっていうの」

 

 

今は彼の子供を妊娠したことを伝えて、
そして変わってくれら自分を見てくれて、
イケメンが戻ってきたことに感謝する夕貴です。

 

 

自分の結婚式場で式をあげ、
娘と手をつないで3人での結婚式でした。

 

 

このイケメンに出会うまでは
だれも愛せなかった夕貴。

 

 

そして同じく愛を知らなかった彼は
娘に対する愛で、彼女を信頼するのです。

 

 

エロスの種子の7巻は35話で完結です。

 

 

8巻からは2023年の2月号からの掲載です。


ページの先頭へ戻る