【駝鳥妻】ネタバレ。四つん這いシーンが激ヤバ!金魚妻4は無料で読める♪

四つん這いで求めるヒヨコがいやらしい!
金魚妻の最新・「駝鳥妻」は
人の子供をごっそり奪ってしまう面白いストーリーです

 

 

駝鳥とは他の鳥のヒナを奪って育てていくと言う習性があります。
それにちなんで金持ちの妻が、
貧乏人の子供5人を奪って育てていくと言う物語。

 

 

だけどそれには切ない理由がありました・・・。

 

 

ラストは四つん這いで
こっちを向いて男を求めるヒヨコが最高ですw

 

 

ちなみに【駝鳥妻】はグランドジャンプめちゃで掲載。
金魚妻4は、U-NEXTで無料で読めます。
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
本ページの情報は2018年10月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

以下、駝鳥妻(金魚妻の最新話12/5現在)のあらすじです。
ネタバレ含みますので注意して読んでください。

 

 

登場人物

 

 

ヒヨコ…クリニック院長の妻、31歳。
    病気で子供が作れない
    子供が大好き(ダチョウ妻)

 

 

リオン…クリニックの。受付だった女性
    妊娠3ヶ月。ヒヨコの夫に認知を求める

 

 

ヒヨコの夫…クリニックの院長(めっちゃ金持ち)
      優しい。リオンに認知を求められるが
      身に覚えがない

 

 

籠井…ヒヨコのコンシュルジュ、付き人。 
   なんでも解決してくれる。  
   実はヒヨコと異母兄弟。

 

 

金魚妻【駝鳥妻】のネタバレ

 

「ちょっと、誘拐して来ちゃった♪」

 

 

3歳の子供を抱えているヒヨコ、
しかし周りには歳の違う子供も他に4人います。

 

 

1歳、3歳、7歳、10歳、14歳。
みんな、ある1人の女の子供です。

 

 

そのある女(リオン)は以前、このクリニックで働いていました。
妊娠していて、お金がないようで、
クリニック院長を訪ねてきます。

 

 

ある日、旦那(クリニック院長)とヒヨコは
レストランで食事をしています。

 

 

そこにやってくるリオン

 

「先生、私、妊娠しました!先生の子供です!」

 

 

見に覚えのない院長は焦ってしまいます。
しかし、飲み会の時に先生が酔いつぶれたとき、
一夜を共にしたと言うのです。

 

 

その一部始終をヒヨコは聞いています。

 

 

すると、妊娠3ヶ月なので、
お腹が痛くなってリオンは倒れてしまいます

 

 

 

院長は彼女を病院に連れて行きます。

 

「僕が病院に連れて行く、ヒヨコは先に帰ってて!」

 

 

ヒヨコはリオンの家に行って彼女の家族に知らせに行きます。
するとそこはとてもボロ家で、
しかも、家の中には子供が5人も寝ていました。

 

 

さらに彼女にはダンナがいないようでした。

 

 

「この子たち、お母さんが入院したらご飯困るでしょうね〜」

 

 

付き人に頼んで、この子供5人を連れて帰るヒヨコ。

 

 

次の日、クリニックの院長とリオンは病室で話しています。

 

 

院長
「ごめんね…やっぱり覚えてないや、本当に僕の子かな?」

 

 

リオン
「はい、間違いありません」

 

 

ちょっと困った様子の旦那(クリニックの院長)
そこにやってくるヒヨコです。

 

「その子はあなたに認知してもらいたいのよ」

 

「だってあなたいっぱい養育費くれそうだもん♪」

 

 

リオンは嘘をついていました。
院長から養育費をもらおうと思って・・・。
(お腹の中の子の本当の父親はホスト)

 

 

子供そっちのけでホスト通いしていたリオンです。

 

 

ヒヨコはそんなリオンは何とも思わず
5千万円相当のブランド品を渡します。
バッグや指輪、超豪華なアクセサリーです。

 

 

(ドン)

 

 

「売れば5千万位にはなるわ、あなたにあげる。
代わりにあなたが置いてきた子供たちをちょうだい♪」

 

 

「何を言ってるんです、そんなのだめです!」

 

 

しかし、院長の子供ではないことを裏をとっているひよこでした

 

 

「じゃぁ、本当の父親(ホスト)とちゃんと話をしてね〜」

 

 

ヒヨコが去ろうとするとリオンは焦ります
「待ってください!」

 

 

こうしてヒヨコはリオンに5千万分のブランド品をあげて
代わりに5人の子供を引き取ることになります。

 

 

クリニックの院長(旦那)はヒヨコを愛しています

 

 

「着てた服まで腹まであげあげなくていいのに、
久しぶりにホテルに行こうか」

 

 

「そうね、しばらく2人きりになれないもんね♪」

 

 

実は、ヒヨコとクリニック院長の間には子供がいませんでした。

 

 

なぜならばヒヨコが先天性の病気で子宮がなかったからです。
(おまけにアソコも)

 

 

クリニックの技術できれいにアソコを作ってあげています

 

 

一方、リオンはブランドの洋服などを着て、
久しぶりにホスト男と待ち合わせしています。

 

 

待っていたホストに自分の妊娠を告白し、
一緒になろうと思っているのです。

 

 

しかし結果は逆でした。
ホストは言います

 

 

「最近どうしたんですか?全然来てくれないじゃないですか?」

 

「実は、私、妊娠しちゃって…」

 

「えーおめでた!!お相手は?」

 

 

「以前言っていた病院の先生よ…」

 

 

「うわーよかった!僕じゃなくて!
妊娠テロとかマジ引くんだよね〜」

 

 

そしてホストの彼自身、
母子家庭で育っていました。

 

「妊娠しなきゃその子と結婚の話が進まない・・・
そんなのうまくいくわけないじゃん」

 

 

その頃、ヒヨコは旦那(クリニックの院長)とセックスをしています

 

 

出会いは先天性で性器のなかったヒヨコ。
クリニックの院長(今はダンナ)は
そんな彼女のために性器を作ってあげたのです。

 

 

裕福な2人でしたが、
子供は作ることができません。
代わりに5人の子供を育てることに。

 

 

ダチョウは、他のヒナも代わりに育てる(誘拐する)と言う習性があります

 

 

そんな駝鳥妻のヒヨコ(日和子)

 

 

5人の子供(他人の子供ですが)に囲まれてとても幸せそうです

 

 

そんな妻を見つめて、
クリニックの院長も幸せな表情でした。

 

 

以上、金魚妻【駝鳥妻】のあらすじ・ネタバレでした!


ページの先頭へ戻る