すべて愛のしわざネタバレ2巻7話。甘味の落とし穴は無料で読める♪

anatagasitekurenakutemo

もんでんあきこの「すべて愛のしわざ」の2巻7話がエロ面白い!
OLミツキと、政治家の秘書である慎二との
ドエロな純愛ストーリーは読んでみる価値があります。

 

 

 

7話の見どころはスゴい舌技で、
経験のないミツキがメロメロになっちゃう場面です。

 

 

そしてラブラブになって慎二と結婚・・・
だけどそれには落とし穴がありました・・・

 

 

もんでんあきこのすべて愛のしわざ2巻は
U-NEXTだと無料で読めます
↓↓↓
U-NEXT<ユーネクスト>
目次〜コミック・書籍〜すべて愛のしわざ2で検索。

 

 

 

すべて愛のしわざ2巻 7話「甘美な落とし穴」のネタバレ

 

 

 

ネタバレ含みますので注意して読んでください。

 

 

 

OLのミツキは不動産会社でOLをしています。
代議士の秘書、
イケメンの慎二とめでたく結婚しています。

 

 

不感症の女だったミツキは、
イケメン秘書にアソコも開発されて
毎日ビショビショになるまで舌技で攻められっぱなしです。

 

 

さらには、四つん這いにさせられて
言葉攻めされてしまうミツキ。
でも責められるのが大好きで、慎二はいつものように
耳元でささやくのでした。

 

 

「指だけじゃなくて、早く、慎二さんの・・・」

 

 

「僕の、何?」

 

 

わざとじらす慎二。イケメンながら
あれも結構大きいですw

 

 

入れられずにこすられちゃうミツキ。
もうたまらず果ててしまいました。

 

 

そんなこんなで幸せな毎日を暮らす二人。
ある日代議士から電話があります。

 

 

東京へ出張へ行くことになった慎二、
妻のミツキに、黒い段ボールだけは開けないように言うのでした。

 

 

「書斎にある黒いガムテの段ボールは開けなくていいから」

 

「はい、だんなさま♪」

 

 

従順なミツキ、いうことを聞きます。
しかし、気になり始め、
とうとう、その黒い段ボール箱を開けてしまうのです。

 

 

中身はなんと調教のSMの本ばっかり。
思わず読んでしまって、
いけない妄想ばかりが頭を駆け巡りますw

 

 

そんな、ムラムラしてるとき、
出張のはずの慎二が帰ってきてしまいました。

 

 

「あー、観ちゃったんだ、それ」

 

 

幸せな家庭にもついに落とし穴が・・・
ミツキは慎二の変な趣味にがっかりです。

 

 

慎二
「それ、代議士の先生の私物です」

 

 

「えw」

 

 

ほっとしたミツキです。
しかし、その時、慎二は聞きます。

 

 

「この箱の中身をみて、どう思った?
 これを見て、僕の趣味だと思ったんでしょ、
 どう感じた?」

 

 

またもや言葉攻めが始まる慎二でしたw

 

 

ミツキは腰が砕けて、またもやビショビショですw

 

 

2人、新たなプレイが始まるのでした。

 

 

最後、秘書の慎二は言います。

 

 

「僕って、お仕えする議員が落選したら、
 ただのフリーターだから。
 その時はミツキ、お願いね♪」

 

 

政治家が選挙に落ちると秘書はとたんに無職になります。

 

よさそうであまりいい職業ではない秘書ですw

 

 

これが「甘味な落とし穴」でした。

 

 

 

 


ページの先頭へ戻る